INDIANSUMMER

琵琶湖の湖西、湖北地方を中心に、野草、樹木、風景などを、また、時折、県外のまた高山や海外の自然も取り上げていくこともあるかと思います。 写真をデジタル化して整理し出してから15年以上が経ちましたが、年代別に整理されたそれらの写真はアルバムであると同時に、行動記録であり、日記でもあります。ブログを始めてからほぼ3年になりますが、このような形であれば継続ができるもので、また出逢った植物の整理にも役立ちます。 連絡、質問、要望等あればコメント欄にてお願いします。

酒波寺にて

今年はエドヒガンの開花が例年より早くなって彼岸過ぎ頃から咲き出したが、個体ごとのばらつきもみられる。酒波寺の行基桜は最も早く満開を迎えた。昔と違って多くの人に知られるようになり、年配のご夫婦や、小さな子供連れの家族などが来ていた。

 

f:id:Jiroviolet:20200327124927j:image

 

少し異なった角度から撮ってみた。

 

f:id:Jiroviolet:20200327125025j:image
f:id:Jiroviolet:20200327125031j:image
f:id:Jiroviolet:20200327125028j:image

 

弘法大師の像があり、ということはこの寺は真言宗の寺かと思う。

f:id:Jiroviolet:20200327125138j:image

 

ノミノフスマ(ナデシコ科)

フスマとは布団のこと

f:id:Jiroviolet:20200327125220j:image

 

スミレサイシン(スミレ科)

f:id:Jiroviolet:20200327125316j:image
f:id:Jiroviolet:20200327125313j:image

 

セントウソウ(セリ科)

f:id:Jiroviolet:20200327125411j:image

 

ビロードツリアブ

珍しく止まって休んでいた

いつもは忙しく飛び回っている
f:id:Jiroviolet:20200327125408j:image

 

ハルトラノオタデ科

小さいがトラノオの名前をもらった恵まれた野草
f:id:Jiroviolet:20200327125416j:image