INDIANSUMMER

琵琶湖の湖西,あるいはその近辺の自然および植物の紹介です。時折県外や海外の自然になることもあるかと思います。過去の記事を INDIANSUMMER TM にあげました。アドレスは   jiroviolet.hatenablog.jp です。

カタクリ

春の妖精(スプリングエフェメラル)の代表ともいえるカタクリ

あらためて振り返ってみると、とりあげていなかったように思う。

里山の雑木林に早春のみ開花し、その後樹木の葉が展開するに連れて、すぐに消えてしまう。足るを知る…というか、いさぎよし…というか。

セツブンソウにせよ、キクザキイチゲにせよ、こういった花々にひかれるのはなぜだろうと思うに、これらの植物のこういった生態にも関係しているのかもしれない。あえて、厳しい環境で生き残って来たコマクサやウスユキソウなどの高山植物も同じことかと。

 

カタクリユリ科

f:id:Jiroviolet:20200403205250j:image


f:id:Jiroviolet:20200403205246j:image


f:id:Jiroviolet:20200403205242j:image

 

 

f:id:Jiroviolet:20200403205322j:image


f:id:Jiroviolet:20200403205328j:image


f:id:Jiroviolet:20200403205317j:image

 

クヌギの切り株からの株立ち

何度も伐採されては再生してきたもの

f:id:Jiroviolet:20200403205450j:image


f:id:Jiroviolet:20200403205447j:image


f:id:Jiroviolet:20200403205455j:image

 

 

すぐとなりに伐採されたばかりの雑木林があった

ここでは椎茸のホダ木に利用される

f:id:Jiroviolet:20200403205716j:image

 

正しい里山の姿

f:id:Jiroviolet:20200403205724j:image

 

カタクリはまた再生してくる
f:id:Jiroviolet:20200403205720j:image

雨あがりのエドヒガンザクラ

エドヒガンザクラは 一分、二分咲きの淡紅色 から 徐々に淡桃色へ そして最後には白色になっていき、その頃には黄緑色の新葉が色づいてくる。彼岸を過ぎての雨は比較的暖かく、やはり今までの急に冷え込んでくる雨とは異なる。雨あがりのサクラは幾分花が閉じてはいるものの、しっとりとして本来の色を見せてくれる。

 

f:id:Jiroviolet:20200327211720j:image

 

白と桃の対比

f:id:Jiroviolet:20200327211750j:image


f:id:Jiroviolet:20200327211742j:image


f:id:Jiroviolet:20200327211745j:image

 

 

f:id:Jiroviolet:20200327211813j:image

 

二分、三分咲きの色

f:id:Jiroviolet:20200327211829j:image

 

 

f:id:Jiroviolet:20200327211849j:image

 

 

f:id:Jiroviolet:20200327211922j:image


f:id:Jiroviolet:20200327211933j:image


f:id:Jiroviolet:20200327211937j:image


f:id:Jiroviolet:20200327211930j:image


f:id:Jiroviolet:20200327211926j:image

酒波寺にて

今年はエドヒガンの開花が例年より早くなって彼岸過ぎ頃から咲き出したが、個体ごとのばらつきもみられる。酒波寺の行基桜は最も早く満開を迎えた。昔と違って多くの人に知られるようになり、年配のご夫婦や、小さな子供連れの家族などが来ていた。

 

f:id:Jiroviolet:20200327124927j:image

 

少し異なった角度から撮ってみた。

 

f:id:Jiroviolet:20200327125025j:image
f:id:Jiroviolet:20200327125031j:image
f:id:Jiroviolet:20200327125028j:image

 

弘法大師の像があり、ということはこの寺は真言宗の寺かと思う。

f:id:Jiroviolet:20200327125138j:image

 

ノミノフスマ(ナデシコ科)

フスマとは布団のこと

f:id:Jiroviolet:20200327125220j:image

 

スミレサイシン(スミレ科)

f:id:Jiroviolet:20200327125316j:image
f:id:Jiroviolet:20200327125313j:image

 

セントウソウ(セリ科)

f:id:Jiroviolet:20200327125411j:image

 

ビロードツリアブ

珍しく止まって休んでいた

いつもは忙しく飛び回っている
f:id:Jiroviolet:20200327125408j:image

 

ハルトラノオタデ科

小さいがトラノオの名前をもらった恵まれた野草
f:id:Jiroviolet:20200327125416j:image

 

春分の日

戦後定められた 国民の祝日 には春分の日は 「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」 とある。

ちなみに秋分の日は 「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日」

もちろんそれ以前から 春、秋の彼岸 として先祖供養のみでなく、寺や宮中でも行事が行われてきた。

やはり お彼岸 という言い方がしっくりくる。

なぜ 彼岸か というと 仏教では此岸(現世)から彼岸(悟りの世界)へ渡るのに、中道、つまり極端に偏ることを避ける。

その意味で一日の昼と夜の長さが同じになる春分秋分を大切にしてきた。

数ある祝日の中でも、なじみ深い、ようやく春になったという印象的な日かと思う。

 

マンサク(マンサク科)

f:id:Jiroviolet:20200320100356j:image

 

キンキマメザクラ(バラ科

f:id:Jiroviolet:20200320100452j:image

 

ショウジョウバカマ(シュロソウ科)

f:id:Jiroviolet:20200320100537j:image
f:id:Jiroviolet:20200320100541j:image
f:id:Jiroviolet:20200320100534j:image

ホトケノザ

場所によっては群生し、見事な花畑になることがある。花が小さいのでそれほど目立たず、小さな株だと見落としてしまうが、趣きのある花ではある。

 

ホトケノザ(シソ科)

f:id:Jiroviolet:20200314142949j:image

 

f:id:Jiroviolet:20200314143006j:image

f:id:Jiroviolet:20200314143015j:image

f:id:Jiroviolet:20200314143024j:image

f:id:Jiroviolet:20200314143031j:image

 

なお、春の七草の中でホトケノザと呼ばれるのは コオニタビラコ(キク科)のことで、このホトケノザとは異なる

 

コオニタビラコ(キク科)

 

下のように花が円座につくのでホトケノザの名がある

上記、シソ科のホトケノザの名は 円座のような葉からついたもの

f:id:Jiroviolet:20200314143257j:image

色彩

近くを散歩していて久しぶりにヤママユを見つけた。しかも鮮やかな黄緑色で、冬の雑木林の中でよく目立つが、これでも一般の人は気付かないのだろう。ヤママユを人工飼育しようとすると簡単なことではないようで、自然条件下で育つ個体もいくつもの困難を乗り越えている。夏に成虫に羽化するようだが、今から半年間も繭の状態なのだろうか …

と思い込んで、いろいろ調べているうちに、このまゆはヤママユガのまゆではないことに気付いた。

これは ウスタビガ のまゆらしい。

片方の端が平たく閉じたようになっていて、ヤママユにもいろんな形があるのかと思っていたが、やはり種類が違った。このまゆは独特の形から ヤマカマス と呼ぶようだ。しかも春の木々の芽吹きとともに孵化(ふか)し、幼虫で脱皮を繰り返して梅雨頃にまゆを作り、秋に羽化して成虫となって卵で冬を越す…とあるから、このまゆは、もぬけの殻 ということになる。半年間もまゆのままというのは、やはり変だと思ったが。

それにしてもきれいなものだ。けれど、ヤママユの天蚕とちがって、生糸をとるのには利用されていないようだ。

 

f:id:Jiroviolet:20200217204710j:image
f:id:Jiroviolet:20200217204702j:image
f:id:Jiroviolet:20200217204707j:image
f:id:Jiroviolet:20200217204714j:image

 

晩秋にとっておいたカラスウリ(ウリ科)が気が付くときれいなグラデーションになっていた。

赤や黄色の色素をカロテノイドといい、赤から橙色に変化するのはよくあることだが、この時期に見ると鮮やかなものだ。

 

f:id:Jiroviolet:20200218193547j:image

 

こんなふうに色が変化しているゲンノショウコフウロソウ科)があった

 

f:id:Jiroviolet:20200218193822j:image

初雪

例年なら、昨年の暮れに一二度は必ず降雪があるが、今年の冬は暖冬で年が明けてもさっぱり降る気配がなかった。冬に一度も積雪のないこともあるかと心配?していたら、立春を過ぎて急に積もった。ただ、この雪は湖西から南のほうにかけての降雪で、湖北にはほとんど降っていない。

 

湖岸にて

f:id:Jiroviolet:20200209091101j:image

 

自宅周辺

f:id:Jiroviolet:20200209091145j:image
f:id:Jiroviolet:20200209091137j:image
f:id:Jiroviolet:20200209091140j:image

 

乗鞍岳

f:id:Jiroviolet:20200209091244j:image

 

海津大崎

この山は東山という
f:id:Jiroviolet:20200209091314j:image

 

比良 武奈ヶ岳 右は蛇谷ヶ峰
f:id:Jiroviolet:20200209091248j:image

 

箱館
f:id:Jiroviolet:20200209091241j:image

 

大浦の裏山
f:id:Jiroviolet:20200209091401j:image

 

伊吹山竹生島

f:id:Jiroviolet:20200209091927j:image

 

霊仙山と御池岳
f:id:Jiroviolet:20200209091924j:image

 


f:id:Jiroviolet:20200209091913j:image

 

霊仙山
f:id:Jiroviolet:20200209091921j:image

 


f:id:Jiroviolet:20200209091916j:image