盛夏 文月

 

八月(葉月)になった

 

七月(文月)中の 夏らしい景観をあげてみた

 

 

海津大崎湖岸

f:id:Jiroviolet:20210801095546j:plain

 

ハチク(イネ科) と イシミカワタデ科

f:id:Jiroviolet:20210801095601j:plain

 

大豆畑と夏雲

f:id:Jiroviolet:20210801095627j:plain

 

内湖と夏雲 

f:id:Jiroviolet:20210801100248j:plain

 

ヤマグワ(クワ科)

f:id:Jiroviolet:20210801095637j:plain

 

エノキ(ニレ科)

f:id:Jiroviolet:20210801095648j:plain

 

夕映え

f:id:Jiroviolet:20210801095738j:plain

 

夏雲

f:id:Jiroviolet:20210801095658j:plain

 

夏雲 上の雲の夕映え 

f:id:Jiroviolet:20210801095704j:plain

 

夕焼け 

f:id:Jiroviolet:20210801095715j:plain

 

ネジバナ(ラン科) 

f:id:Jiroviolet:20210801095746j:plain

 

ヒグラシ

f:id:Jiroviolet:20210801095752j:plain

 

夕方の星空

f:id:Jiroviolet:20210801095812j:plain

 

オニユリユリ科

f:id:Jiroviolet:20210801101014j:plain



ただし 残念ながら今年も夏らしい景観の代表ともいうべき花火はない

聖火はあっても、盛夏にそぐわないオリンピックはあるが・・・











 

 

 

鈴生り(すずなり)

 

今年はウワミズザクラの実がすごく目立ち、どの木を見ても鈴生りになっている。

例年、このようにたくさんの実をつけてもこちらが気付いていないだけかとも思えるが、おそらくブナの実が数年おきにたくさん実るように、今年がその年に当たるのだろうと思う。

樹木の果実は毎年安定して同じ量だけ実らせていると、ことごとく哺乳類や野鳥などに食べ尽くされてしまうので、その種全体として不作の年や、平均的な年、そして動物が食べきれないほど豊作の年をもうけて、子孫を残す工夫をしている。会話をしているわけでもないだろうに、全体としてしっかりとした連携を保っている。

 

ウワミズザクラ(バラ科

f:id:Jiroviolet:20210727090733j:plain

 

f:id:Jiroviolet:20210727090751j:plain

 

f:id:Jiroviolet:20210727090814j:plain

 

果実は熟すにつれて緑から黄色、橙、赤、そして最後に黒になる

f:id:Jiroviolet:20210727091003j:plain

 

f:id:Jiroviolet:20210727091010j:plain

 

小さい果実なのであまり気付かないが、この黒く熟した果実を割って見ると、白い種子が入っていて、この実を食べると、杏仁豆腐の香りがする

 

f:id:Jiroviolet:20210727091527j:plain

 

杏仁豆腐はもともとは中国の薬膳料理で、字の通り、杏(あんず)の種子(正確には仁)を粉にして作ったものだが、ウワミズザクラもアンズも同じバラ科の植物で性質が似ており、また、市販されている杏仁豆腐は同じくバラ科のアーモンドの種子が使われている。

今年のようにウワミズザクラの果実が鈴生りになっても、このような小さな種子から杏仁豆腐は作っておれないが、香りを楽しむことはできる

 

ウワミズザクラの花期(四月)

f:id:Jiroviolet:20210727093225j:plain

 

これでも桜の仲間にあたる(四月)

f:id:Jiroviolet:20210727093239j:plain

 

ユウスゲ

 

 

盛夏を告げる花とでも言えるか、毎年梅雨明け間近の頃に涼しげな無駄を削ぎ落としたような花を咲かせる。

ニッコウキスゲヤブカンゾウなどとは違った蛍光色のような独特の黄色をしていて、青みがかった黄色とでも表現したらよいのか・・・

 

f:id:Jiroviolet:20210715134546j:plain

 

ユウスゲという名の通り、夕方近くに咲き出し、未明には花を萎ませている

f:id:Jiroviolet:20210715134622j:plain

 

他のユリたちとは異なり、1メートル以上はあるか、かなり長いしなやかな花柄を持っていて 、少しの風でもよく揺れる

夜行性昆虫に目立つようになっているのかもしれない


www.youtube.com

 

鳴いているセミは ニイニイゼミ と ヒグラシ

 

半夏生

 

暦の上で今日が半夏生(はんげしょう)にあたる

梅雨の末期、農作業を休み、水や食に注意し、大雨に警戒する時期だが

カラスビシャク(烏柄杓)と呼ばれる薬草が、半夏とも呼ばれ、それが生える時期から半夏生の名前が来ている

ただややこしいことに、ハンゲショウと呼ばれる植物はもう一つあり、しかも同じこの時期に咲く

 

カラスビシャクサトイモ科)

これが半夏(はんげ)

f:id:Jiroviolet:20210701163134j:plain

 

オオハンゲ(サトイモ科)

f:id:Jiroviolet:20210701163139j:plain

 

 

ハンゲショウドクダミ科)

f:id:Jiroviolet:20210701163414j:plain


葉の半分がおしろいを塗ったように白くなるのでハンゲショウ(半化粧)の名がある

f:id:Jiroviolet:20210701163421j:plain

見様によってはきれいなドクダミ

f:id:Jiroviolet:20210701163425j:plain

湿地に咲く植物

f:id:Jiroviolet:20210701163430j:plain

 

双方のハンゲショウも漢字で書けばすぐに違いがわかるが・・ 

 

サツキ

 

今が皐月にあたり

逆の言い方になってしまうが、この時期にサツキは咲く

 

サツキ(ツツジ科)

f:id:Jiroviolet:20210617193645j:plain

 

他のツツジの仲間に比べて葉がかなり小さい

f:id:Jiroviolet:20210617193657j:plain

 

サツキは本来、川縁の水飛沫がかかるようなところに自生している

f:id:Jiroviolet:20210617193705j:plain

 

f:id:Jiroviolet:20210617193717j:plain

 

これが本来の皐月晴れ

f:id:Jiroviolet:20210617193732j:plain

 

ウツボグサ

 

田畑のあまり使われていない農道に、毎年ウツボグサが密生するところがある。

この花はたいていは数本、あるいは数十本くらいで生えていることが多いが、これだけ密生するのはあまり見かけない。

紫色のじゅうたんを敷いたような感じになる 

 

ウツボグサ(シソ科)

f:id:Jiroviolet:20210615154121j:plain

 

両側に軽トラックの轍があるのだが、幸いこの時期は通らない

f:id:Jiroviolet:20210615154143j:plain

 

f:id:Jiroviolet:20210615154205j:plain

 

ウツボというのは魚ではなく、弓の矢を入れていた器のこと

f:id:Jiroviolet:20210615154212j:plain

 

群生・・・

よく帰化種のセイタカアワダチソウヒメオドリコソウが、空き地を一面におおっていることがあるが、それは人が何らかの関わりをその空き地に持ち続けているからで、イネやムギが田畑一面をおおっているのと同じく、また帰化種はそういった場所に特に適応した種にあたる。

ただ、このウツボグサのように、稀に群生しているのは人との関わりだけでなく、よほど生育に適した条件がそろっているのかと思える。

私はやらないが、山野草を育てている人は、そういったことを経験でよく知っているかもしれない。

ここは、田畑の横の農道で、時折軽トラックが通っていて、すぐ南側に河辺林がある。


f:id:Jiroviolet:20210615154137j:plain

 

琵琶湖岸 初夏②

 

 

湖岸で花を咲かせていた木本をいくつか

 

卯の花の匂う 垣根に

ホトトギス早も来 鳴きて

 

まさに今がその季節にあたる

以前述べたように 卯月(卯の花の月)は 四月のことではあるが、時期的には五月にあたる

旧暦と現行の太陽暦とのずれだが、困ったもので、ますます季節感が狂ってしまう

 

ウツギ(アジサイ科)

卯の花のこと

ウツギの仲間はたくさんあるが単に ウツギ というのはこの花を指す

f:id:Jiroviolet:20210603103718j:plain

 

このような感じから 卯の花(おからのこと)と呼んだのだろう

f:id:Jiroviolet:20210603103722j:plain

 

普通はこのように枝が垂れ下がっていることが多い

f:id:Jiroviolet:20210603103726j:plain

 

f:id:Jiroviolet:20210603103735j:plain

 

 

ニセアカシアマメ科

f:id:Jiroviolet:20210603104258j:plain

 

f:id:Jiroviolet:20210603104308j:plain

 

f:id:Jiroviolet:20210603104315j:plain

 

このように大きなトゲがあるので ハリエンジュ ともいう

f:id:Jiroviolet:20210603104320j:plain

 

童謡や歌謡曲に出てくる アカシア  はこの木のことだが

この木はニセアカシア (似せアカシア )で

本物のアカシア は乾燥地帯に生える樹木で

アフリカのサバンナでキリンがいるようなところのアンブレラアカシア ツリーと呼ばれる木

 

 

 

センダン(センダン科)f:id:Jiroviolet:20210603105819j:plain

 

この木も海岸性の植物だろうが、琵琶湖岸には多い

f:id:Jiroviolet:20210603105825j:plain

 

このような青味がかった花が咲く

f:id:Jiroviolet:20210603105832j:plain

 

センダンは双葉より芳し・・

響きのよい諺だが、そのセンダンはビャクダン科のビャクダンでこの木のことではない

南方熊楠が亡くなるときに オウチ が見える・・

と言ったそうだが オウチ はこの木のこと

琵琶湖岸 初夏①

湖岸は初夏にもっとも華やかになる。

ノウルシの群生のように春の盛りに咲くものもあるが、いわゆる早春・・と言われる時期にはあまり花を見かけない。

主に帰化植物が多いように思うが、海岸性の植物や、取り上げてはいないが、中には希少種が咲いていたりもする。

 


www.youtube.com

 

 

動画の中で取り上げていないものを以下に挙げる

 

 

ノビル(ヒガンバナ科

f:id:Jiroviolet:20210603084646j:plain

 

ドクゼリ(セリ科)

ドクウツギトリカブトと並んで三大有毒植物とある

f:id:Jiroviolet:20210603084652j:plain

 

コゴメバオトギリ(オトギリソウ科)

f:id:Jiroviolet:20210603084710j:plain

 

ナガミヒナゲシ(ケシ科)

f:id:Jiroviolet:20210603084719j:plain

 

マツバウンラン(オオバコ科)

f:id:Jiroviolet:20210603084727j:plain

 

ヒメヒレアザミ(キク科)

f:id:Jiroviolet:20210603084740j:plain

 

ミツバツチグリ(バラ科

f:id:Jiroviolet:20210603084753j:plain

 

ヒナギキョウ(キキョウ科)

f:id:Jiroviolet:20210603084831j:plain

 

セイヨウヒキヨモギ(ハマウツボ科)

f:id:Jiroviolet:20210603084838j:plain

 

屏風ケ滝② 植物

 

やはり草本、木本とも花々には遅すぎたが、その代わり新緑がきれいに展開していた。

この渓流にはケンポナシが多い。また、イタヤカエデ、コハウチワカエデなどカエデの仲間やサワグルミも多かった。

カエデの仲間を ムクロジ科 と分類しているが、これはDNAを基準にした新分類体系で、どうもあまり馴染まない。ユリ科に入っていたオオバギボウシも キジカクシ科 と言われても困ったものである。ただ、DNAをかざされると、水戸黄門の印籠のようなもので、どうしようもない。

なお、チドリノキ というのが出てくるが、これはカエデの仲間には見えないと思うが、正真正銘カエデの仲間である。例によってキジカクシ科ではあるが・・・

 

f:id:Jiroviolet:20210518163219j:plain

 


www.youtube.com

 

 

f:id:Jiroviolet:20210518163243j:plain

 

屏風が滝① 滝

 

久しぶりに訪れてみたが、記録を見ると三年ぶりになる。その間の台風や大雨のためだろう、大きな木がけっこう倒れており、中には登山道を塞いでかなり歩きにくいところもあった。もともとこの滝への道は鉄の橋や石段などよく整備されているコースだが、最近は災害が多く手が回らないののだろう。全国の林道や登山道も同じ状況かと思える。

ただ、滝は以前のままで何も変わらない。

解ってはいたが、スミレやツツジなどの花には遅くなってしまった。

 

f:id:Jiroviolet:20210518150825j:plain

 

 


www.youtube.com

 

なお、タゴガエルは土や石の中の空洞で声を反響させているため、姿は見えない。

静寂の湖

 

驚くばかりの早い時期の梅雨に入って間もなく、激しい降雨の合間に、琵琶湖は静寂の湖面を見せてくれた。

朝凪、夕凪は琵琶湖でもある。

ただ、昼間はあまり凪いでいることは少ないのだが、これは昼間の景観である。 

 

  

f:id:Jiroviolet:20210519135133j:plain

 

 

 


www.youtube.com

高時川源流 ②植物

 

この源流域は植生が豊かで、歩いていて数多くの植物と出逢える。

ただ、県内ではもっとも降雪量が多く、春の訪れが平地より半月かひと月近く遅れることもあり、厳しい環境には違いない。伊吹山地のように地質が独特で植生が変化に富むわけでもないのに、これだけの植物が生育しているのは、その厳しい環境の故のように思える。

この高時川源流には1980年頃から、丹生ダムという、ロックフィルダムとしては日本第一位の規模を持つダムの建設が決まって、進められていた。住民の移転も済んだ後で、数々の変遷はあったものの、2006年の知事選挙後、方向性が変わり、最終的に2016年にダム建設中止が決定されている。

予定されていたダムの貯水量は1.5億立方mで、琵琶湖の貯水量は275億立方mである。

京阪神への利水、及び流域を含めた治水とのことだったが、どんなものだろう。

県内でももっとも優れた植生の地域だが、源流に沿って旧集落を結ぶ道路が続いていて、その道路壁にも豊かな植生の植物が生育している。一面のイワタバコやオオバギボウシの岩壁が見られたし、名前は挙げないが希少な植物も数多く生育している。

ただ、最近また工事が始まっていて、いつの間にか道路が拡張され貴重な植生の道路壁は削り取られてしまっていた。すでにすべて廃村になってしまった集落をつなぐ道路だが、何のための工事かわからない。ただ、通行止めになっている。

 

貴重な植生の壁面

f:id:Jiroviolet:20210513182902j:plain

 

一面のイワタバコが続いていた

これらの壁面は削り取られて今はもうない

f:id:Jiroviolet:20210513182912j:plain

 

 


www.youtube.com

 

 

高時川源流 ①風景

景観の優れた所はたくさんあるが、ここは植生の豊かさとともに景観が作られているところで、特に春や秋の植物の移り変わりとともに変化してゆく多様性に富んだ地域である。

川というものは血管のようなもので、流域に降った水を集め、下流域に恵みを運び、いつも巡ってやまない。

穏やかな川の流れを見ているのは気持ちがいい。

 

f:id:Jiroviolet:20210515095507j:plain

 


www.youtube.com

 

f:id:Jiroviolet:20210515095553j:plain


  

姉川上流 新緑

 

 

山々の木々は、芽吹き、開花から、新緑そして深緑へと移り変わってゆく。サクラやコブシの開花は当然だが、この時期には、ナラの銀色や、イヌブナの黄緑色など新葉の芽吹きや深緑の色によって遠目にも木々が識別できるものも多い。褐色がかったものや、赤味がかったもの、黄色味を帯びたものなど色々あるが、緑だけでもよくもこれだけの色があるものかと感心する。

 

 

f:id:Jiroviolet:20210512094755j:plain

 

 


www.youtube.com

 

 

f:id:Jiroviolet:20210512094806j:plain