INDIANSUMMER

琵琶湖の湖西、湖北地方を中心に、野草、樹木、風景などを、また、時折、県外のまた高山や海外の自然も取り上げていくこともあるかと思います。 写真をデジタル化して整理し出してから15年以上が経ちましたが、年代別に整理されたそれらの写真はアルバムであると同時に、行動記録であり、日記でもあります。ブログを始めてからほぼ3年になりますが、このような形であれば継続ができるもので、また出逢った植物の整理にも役立ちます。 連絡、質問、要望等あればコメント欄にてお願いします。

雨あがりのエドヒガンザクラ

エドヒガンザクラは 一分、二分咲きの淡紅色 から 徐々に淡桃色へ そして最後には白色になっていき、その頃には黄緑色の新葉が色づいてくる。彼岸を過ぎての雨は比較的暖かく、やはり今までの急に冷え込んでくる雨とは異なる。雨あがりのサクラは幾分花が閉じてはいるものの、しっとりとして本来の色を見せてくれる。

 

f:id:Jiroviolet:20200327211720j:image

 

白と桃の対比

f:id:Jiroviolet:20200327211750j:image


f:id:Jiroviolet:20200327211742j:image


f:id:Jiroviolet:20200327211745j:image

 

 

f:id:Jiroviolet:20200327211813j:image

 

二分、三分咲きの色

f:id:Jiroviolet:20200327211829j:image

 

 

f:id:Jiroviolet:20200327211849j:image

 

 

f:id:Jiroviolet:20200327211922j:image


f:id:Jiroviolet:20200327211933j:image


f:id:Jiroviolet:20200327211937j:image


f:id:Jiroviolet:20200327211930j:image


f:id:Jiroviolet:20200327211926j:image