Indiansummer2

琵琶湖の湖西,あるいはその近辺の自然および植物の紹介です。時折県外や海外の自然になることもあるかと思います。

ヒルガオ

6月頃にヒルガオの花をよく見かけたが、8月の暑い盛りになって再び咲いているようで、これは別の種かと調べてみたら、どうやらヒルガオとコヒルガオの雑種、アイノコヒルガオのようである。コヒルガオは花の大きさがヒルガオの半分くらいですぐにわかるが、アイノコヒルガオヒルガオとよく似ている。

 

ヒルガオヒルガオ科)

苞葉の先端は鈍葉

f:id:Jiroviolet:20170817195507j:image

f:id:Jiroviolet:20170817195525j:image

アイノコヒルガオヒルガオ科)

苞葉の先端は鋭葉

全体に言えることではないと思うがこの個体は花色が少し濃い

f:id:Jiroviolet:20170817195602j:image

f:id:Jiroviolet:20170817195627j:image

ヒルガオヒルガオ科)

花柄にヒレ(翼)がある

f:id:Jiroviolet:20170817195643j:image

花柄にヒレがある

f:id:Jiroviolet:20170817195657j:image

比較のため  左コヒルガオと右アイノコヒルガオ

ヒルガオの花は半分くらい

f:id:Jiroviolet:20170817195712j:image

ハマヒルガオヒルガオ科)

もともと海岸性のものだが琵琶湖の湖岸には分布する

葉は腎円形

f:id:Jiroviolet:20170817195731j:image

f:id:Jiroviolet:20170817195747j:image