INDIANSUMMER

琵琶湖の湖西,あるいはその近辺の自然および植物の紹介です。時折県外や海外の自然になることもあるかと思います。過去の記事を INDIANSUMMER TM にあげました。アドレスは   jiroviolet.hatenablog.jp です。

秋の野草①

秋分の日を過ぎて、あれほど暑かった夏を乗り越えて、一気に秋の野草が咲き出した。

今年は例年以上に秋の花々を見るとホッとする。

 

 

マルバルコウソウヒルガオ科)

f:id:Jiroviolet:20180926132536j:image
f:id:Jiroviolet:20180926132539j:image

f:id:Jiroviolet:20180926133950j:image

 

ワルナスビ(ナス科)

f:id:Jiroviolet:20180926132610j:image

きれいな花だが畑では駆除の難しい雑草になる
f:id:Jiroviolet:20180926132608j:image

紫がかった花色の個体もありナスの花にそっくり
f:id:Jiroviolet:20180926132604j:image

このトゲがワルナスビの名前の由来かと
f:id:Jiroviolet:20180926132601j:image

 

ヤブツルアズキマメ科

アズキの原種

f:id:Jiroviolet:20180926132649j:image
f:id:Jiroviolet:20180926132646j:image

 

キクイモ(キク科)

f:id:Jiroviolet:20180926132724j:image

根茎にイヌリンを多く含み健康食品
f:id:Jiroviolet:20180926132721j:image

 

ジュズダマ(イネ科)

f:id:Jiroviolet:20180926132751j:image

実を繋げて数珠にして遊ぶが、これは花
f:id:Jiroviolet:20180926132749j:image

 

エノコログサ(イネ科)のグラデーション

f:id:Jiroviolet:20180926132907j:image
f:id:Jiroviolet:20180926132902j:image
f:id:Jiroviolet:20180926132858j:image

 

キンエノコロ(イネ科)
f:id:Jiroviolet:20180926132855j:image

 

チカラシバ(イネ科)

f:id:Jiroviolet:20180926132905j:image

 

シロバナサクラタデ(タデ科

f:id:Jiroviolet:20180926133043j:image
f:id:Jiroviolet:20180926133048j:image
f:id:Jiroviolet:20180926133054j:image
f:id:Jiroviolet:20180926133051j:image

 

サクラタデ(タデ科

こちらがピンク色のサクラタデ
f:id:Jiroviolet:20180926133102j:image

タデとは思えないがミゾソバなどの花とは似ている
f:id:Jiroviolet:20180926133105j:image
f:id:Jiroviolet:20180926133059j:image

 

サクラタデとヨメナ
f:id:Jiroviolet:20180926133057j:image

 

ヨメナ(キク科)

ノコンギクとともに秋のキクの代表

f:id:Jiroviolet:20180926133223j:image
f:id:Jiroviolet:20180926133227j:image

 

ツリガネニンジン(キキョウ科)

f:id:Jiroviolet:20180926133305j:image

 

クルマバナ(シソ科)
f:id:Jiroviolet:20180926133308j:image

 

キンミズヒキ(バラ科)

f:id:Jiroviolet:20180926133723j:image

 

アカバナ(アカバナ科

f:id:Jiroviolet:20180926162923j:image

 

イシミカワタデ科

ママコノシリヌグイと似ているが、実がきれいになる
f:id:Jiroviolet:20180926133726j:image

 

ヨシ(イネ科)

アシが  悪し…になることから

ヨシ  良し…を使うことが多い

f:id:Jiroviolet:20180926133817j:image

 

ススキ(イネ科)

中秋のこの時期がもっとも風情がある
f:id:Jiroviolet:20180926133814j:image

 

アキノウナギツカミ(タデ科

f:id:Jiroviolet:20180926133857j:image
f:id:Jiroviolet:20180926133859j:image

 

ミゾソバタデ科
f:id:Jiroviolet:20180926133902j:image

 

コスモス(キク科)

野草ではないが、現代の秋の七草に入れてもいいくらいのイメージ

f:id:Jiroviolet:20180926133926j:image
f:id:Jiroviolet:20180926133929j:image