INDIANSUMMER

琵琶湖の湖西,あるいはその近辺の自然および植物の紹介です。時折県外や海外の自然になることもあるかと思います。過去の記事を INDIANSUMMER TM にあげました。アドレスは   jiroviolet.hatenablog.jp です。

信州④ 猿倉〜白馬尻 2018/07/20

信州の標高の高い尾根でも暑い異常な猛暑が続く中、白馬大雪渓を目指して猿倉から歩いた。途中林道や登山道沿いに花々に出逢えただけでなく、白馬尻では雪渓の冷気とともに、キヌガサソウや一株だけのシラネアオイが迎えてくれた。

盛夏の林道、登山道でこれだけの花々に出逢えるとは思っていなかった。

 

白馬大雪渓

雪渓の上部は見えている谷ではなく左側に続いている

f:id:Jiroviolet:20180726203825j:image

f:id:Jiroviolet:20180726203817j:image

ときおりこのような冷気が吹き降りてくる
f:id:Jiroviolet:20180726203821j:image
f:id:Jiroviolet:20180726203808j:image

雪渓から流れ出したばかりの沢
f:id:Jiroviolet:20180726203812j:image

 

f:id:Jiroviolet:20180730220458p:image

猿倉荘のすぐ裏にあるトチノキの大木

f:id:Jiroviolet:20180726204258j:image

トチノキトチノキ科)
f:id:Jiroviolet:20180726204254j:image

ブナ(ブナ科)
f:id:Jiroviolet:20180726204249j:image

オヒョウ(ニレ科)
f:id:Jiroviolet:20180726204240j:image

オオバクロモジ(クスノキ科
f:id:Jiroviolet:20180726204244j:image

サワグルミ(クルミ科)
f:id:Jiroviolet:20180726204302j:image

オタカラコウ(キク科)

f:id:Jiroviolet:20180726204707j:image

f:id:Jiroviolet:20180726230755j:image

コキンレイカオミナエシ科)

ハクサンオモナエシとも
f:id:Jiroviolet:20180726204656j:image

f:id:Jiroviolet:20180727192753j:image

ヤハズハンノキ(カバノキ科)

葉先に切れ込みがある
f:id:Jiroviolet:20180726204700j:image

ミソガワソウ(シソ科)

木曽川の支流の味噌川に由来
f:id:Jiroviolet:20180726204711j:image

オオウバユリ(ユリ科
f:id:Jiroviolet:20180726204704j:image

ヤマブキショウマ(バラ科)
f:id:Jiroviolet:20180726204652j:image

f:id:Jiroviolet:20180726230038j:image

f:id:Jiroviolet:20180726225931j:image

オオカニコウモリ(キク科)

f:id:Jiroviolet:20180726205500j:image

サンカヨウ(メギ科)
f:id:Jiroviolet:20180726205512j:image

モミジカラマツ(キンポウゲ科
f:id:Jiroviolet:20180726205516j:image

タマガワホトトギスユリ科

東京の多摩川でなく、京都の木津川の支流の玉川が名前の由来というが
f:id:Jiroviolet:20180726205508j:image

f:id:Jiroviolet:20180726230459j:image
f:id:Jiroviolet:20180726230456j:image

ミヤママタタビマタタビ科)
f:id:Jiroviolet:20180726205505j:image

オオレイジンソウ(キンポウゲ科

レイジンソウは麗人でなしに雅楽伶人

f:id:Jiroviolet:20180726210517j:image

オオバタケシマラン(ユリ科
f:id:Jiroviolet:20180726210512j:image

f:id:Jiroviolet:20180726230859j:image

ミヤマカラマツ(キンポウゲ科
f:id:Jiroviolet:20180726210521j:image

f:id:Jiroviolet:20180726225820j:image

オオバミゾホオズキゴマノハグサ科、ハエドクソウ科)
f:id:Jiroviolet:20180726210532j:image
f:id:Jiroviolet:20180726210525j:image

オオイタドリタデ科)林のように林立している

f:id:Jiroviolet:20180726224632j:image

ヤグルマソウユキノシタ科)
f:id:Jiroviolet:20180726224628j:image

カツラ(カツラ科)
f:id:Jiroviolet:20180726224624j:image

ウサギギク(キク科)

白馬尻小屋のそばで一株だけ咲いていたが…

f:id:Jiroviolet:20180726224739j:image
キヌガサソウ(シュロソウ科、メランチウム科)

この時期にこれだけ咲いているとは思わなかった
f:id:Jiroviolet:20180726224752j:image

f:id:Jiroviolet:20180726224735j:image

ズダヤクシュ(ユキノシタ科)

喘息に効く薬という意味
f:id:Jiroviolet:20180726224743j:image

ヤマハンノキ(カバノキ科)

f:id:Jiroviolet:20180726224856j:image

f:id:Jiroviolet:20180727190021j:image

ベニバナイチゴ(バラ科)
f:id:Jiroviolet:20180726224901j:image

マイヅルソウユリ科、キジカクシ科)
f:id:Jiroviolet:20180726224838j:image

ミヤマダイコンソウ(バラ科)

白馬尻にあるとは思わなかった

f:id:Jiroviolet:20180726225007j:image

シラネアオイキンポウゲ科

岩の斜面に一株だけ残って咲いていたシラネアオイ

この時期に出逢えるとは思わなかった
f:id:Jiroviolet:20180726225003j:image

ヤマハハコ(キク科)
f:id:Jiroviolet:20180726225048j:image

ハリブキ(ウコギ科
f:id:Jiroviolet:20180726225044j:image

アマニュウ(セリ科)

f:id:Jiroviolet:20180726230125j:image
f:id:Jiroviolet:20180726230129j:image
f:id:Jiroviolet:20180726225036j:image

ヤマホタルブクロ(キキョウ科)

f:id:Jiroviolet:20180726225127j:image

ヤグルマソウとミヤマニガウリ

インスタグラム風
f:id:Jiroviolet:20180726225131j:image

クガイソウゴマノハグサ科、オオバコ科)
f:id:Jiroviolet:20180726225136j:image

ソバナ(キキョウ科)
f:id:Jiroviolet:20180726225124j:image

オガラバナ(カエデ科)
f:id:Jiroviolet:20180726225225j:image