INDIANSUMMER

琵琶湖の湖西,あるいはその近辺の自然および植物の紹介です。時折県外や海外の自然になることもあるかと思います。過去の記事を INDIANSUMMER TM にあげました。アドレスは   jiroviolet.hatenablog.jp です。

越前海岸

スイセンを見に行ったのではないが、所用で越前海岸を訪れた。この時期、越前海岸の崖沿いにニホンズイセンの群生が見られる。ラッパズイセンに対していかにも日本のスイセンというイメージが定着しているが、元は地中海に原生地があり、中国を経て伝わったものらしい。ただ、越前や淡路島、長崎など、海岸沿いに群生地が見られるのは、中国から海流に流されてきたと聞いたことがある。

 

ニホンズイセン(ヒガンバナ科

f:id:Jiroviolet:20200125170129j:image

 

八重咲きがあった

f:id:Jiroviolet:20200125170634j:image

 

わかりにくいかもしれないが、かなりの急な崖の上部、中部斜面に生えている。

海岸沿いの場所によっては人の手で植栽された場所もあるだろうが、このような急な崖に不稔性で種子のできない三倍体のスイセンがどうして増えているのか不思議に思う。

f:id:Jiroviolet:20200125170653j:image

 

ウミネコの島

f:id:Jiroviolet:20200125172202j:image
f:id:Jiroviolet:20200125172158j:image

 

この時期に訪れるとセンダンの実がよく目立つ

琵琶湖沿いにも見られるが、海岸沿いの植物

センダン(センダン科)
f:id:Jiroviolet:20200125172155j:image

 

センダンは双葉より芳し…のセンダンはビャクダン科の別の種、ビャクダンのこと

日本に生育するセンダンは楝(オウチ)とも呼ばれる

センダングサのセンダンは葉が似ていることから

f:id:Jiroviolet:20200125172152j:image

 

f:id:Jiroviolet:20200127124604j:image

 

白竜の滝

10mほどの直瀑だが海沿いの直線道路にあり、気をつけていないと見落としてしまう

f:id:Jiroviolet:20200125174051j:image
f:id:Jiroviolet:20200125174041j:image

もうアブラナが咲いている

セイヨウアブラナアブラナ科
f:id:Jiroviolet:20200125174048j:image
f:id:Jiroviolet:20200125174045j:image

 

敦賀湾を望む

左 岩籠山

右 野坂岳

中央の奥は三国山

f:id:Jiroviolet:20200125174719j:image

 

敦賀半島
f:id:Jiroviolet:20200125174713j:image

 

左は敦賀半島

右は常神半島 奥に久須夜ヶ岳
f:id:Jiroviolet:20200125174726j:image

 

野坂岳
f:id:Jiroviolet:20200125174716j:image

 

越前海岸を北に移動してみると右端に常神半島の先端の御神島が見える
f:id:Jiroviolet:20200125174722j:image