INDIANSUMMER

琵琶湖の湖西,あるいはその近辺の自然および植物の紹介です。時折県外や海外の自然になることもあるかと思います。過去の記事を INDIANSUMMER TM にあげました。アドレスは   jiroviolet.hatenablog.jp です。

シデコブシ

一般にヒメコブシとも呼ばれるが、自生地は愛知や三重、岐阜の一部の湿地に限られ、日本固有種。ピンク色がかった花弁はコブシやタムシバより多く、艶やかである。ただ、枝振りが暴れやすく、友が昔「やんちゃな木!」と表現していた。十数年前にもらった木が大きくなって多くの花を咲かせてくれるようになった。

 

シデコブシモクレン科)

f:id:Jiroviolet:20190408211301j:image
f:id:Jiroviolet:20190408211257j:image

 

 

タムシバモクレン科)

ニオイコブシとも言う

花だけでなく全体にいい香りがする

f:id:Jiroviolet:20190408211955j:image
f:id:Jiroviolet:20190408211735j:image

 

 

コブシ(モクレン科)

タムシバとは葉が異なるのと、開花時に花の付け根に葉が一枚展開することで識別できる
f:id:Jiroviolet:20190408211716j:image

f:id:Jiroviolet:20190408212442j:image