INDIANSUMMER

琵琶湖の湖西,あるいはその近辺の自然および植物の紹介です。時折県外や海外の自然になることもあるかと思います。過去の記事を INDIANSUMMER TM にあげました。アドレスは   jiroviolet.hatenablog.jp です。

北八ヶ岳 麦草峠・白駒池

十年ほどか前に訪れた頃と比べて、ほぼ遊歩道に木道が敷かれてあるのと、獣害がひどく一部では柵で囲われているようになっていた。

標高二千メートルほどの峠一帯はオオシラビソやコメツガの針葉樹林帯になっており、白駒池周辺は林床のコケの種類や量が多いので有名だが、この日は夏の日差しが続いているため、コケもしっとりせず、いくぶん乾いてみえた。

峠より茶臼山

f:id:Jiroviolet:20180803120307j:image

コメツガ(マツ科)
f:id:Jiroviolet:20180803120303j:image
f:id:Jiroviolet:20180803120314j:image

オシラビソ(マツ科)

f:id:Jiroviolet:20180803120318j:image

左  ダケカンバ  右  コメツガ

f:id:Jiroviolet:20180803151607j:image

麦草峠に草原が広がっており、種々の野草が開花しているが、周囲一帯はやはり柵で囲んである。

標高二千メートルを越えるここでも、獣害で本来の植生を保てなくなっているのは残寝なことだ。

ゴマナ(キク科)

f:id:Jiroviolet:20180803211811j:image

ウツボグサ(シソ科)

シロバナウツボグサ
f:id:Jiroviolet:20180803211823j:image

ハクサンフウロフウロソウ科
f:id:Jiroviolet:20180803211819j:image

クサレダマ(サクラソウ科)

本来は湿地帯に生育するが…
f:id:Jiroviolet:20180803211815j:image

シモツケソウ(バラ科)
f:id:Jiroviolet:20180803211806j:image

キリンソウ(キク科)

f:id:Jiroviolet:20180803211902j:image

ヤマオダマキキンポウゲ科

キバナノヤマオダマキ
f:id:Jiroviolet:20180803211905j:image

カライトソウ(バラ科)
f:id:Jiroviolet:20180803211852j:image

ハナイカリ(リンドウ科)
f:id:Jiroviolet:20180803211848j:image

ハクサンシャジン(キキョウ科)
f:id:Jiroviolet:20180803211857j:image

エゾリンドウ(リンドウ科)
f:id:Jiroviolet:20180803211944j:image

キソチドリ(ラン科)

f:id:Jiroviolet:20180805104116j:image

テガタチドリ(ラン科)

たぶん
f:id:Jiroviolet:20180803211950j:image

左シュロソウ(ユリ科

右タカネアオヤギソウ(ユリ科
f:id:Jiroviolet:20180803211955j:image

ウド(ウコギ科

f:id:Jiroviolet:20180803212039j:image

シナノキンバイキンポウゲ科
f:id:Jiroviolet:20180803212031j:image

クガイソウ(オオバコ科、ゴマノハグサ科
f:id:Jiroviolet:20180803212047j:image

マルバダキブキ(キク科)
f:id:Jiroviolet:20180803212036j:image

ヤツタカネアザミ(キク科)

確定できないがおそらく
f:id:Jiroviolet:20180803212051j:image

アズマシャクナゲツツジ科)

f:id:Jiroviolet:20180803223928j:image

フタバラン(ラン科)

種までは特定できない
f:id:Jiroviolet:20180803223915j:image

コイワカガミ(イワウメ科)
f:id:Jiroviolet:20180803223932j:image

この周辺一帯が樹林がなくなり、庭園風になっている
f:id:Jiroviolet:20180803223936j:image
f:id:Jiroviolet:20180803223906j:image

ゴゼンタチバナ(ミズキ科)
f:id:Jiroviolet:20180803223920j:image
ヒメコマツ(マツ科)

葉は五葉

f:id:Jiroviolet:20180803223924j:image

f:id:Jiroviolet:20180805120949j:image

コメツガのマツボックリ

数センチ程、小指の先くらいでかなり小さい

f:id:Jiroviolet:20180803230056j:image

ミヤマシグレ(スイカズラ科)
f:id:Jiroviolet:20180803230103j:image

スギゴケ

種名はわからない
f:id:Jiroviolet:20180803230108j:image

コイチヤクソウ(イチヤクソウ科)
f:id:Jiroviolet:20180803230059j:image

タケシマラン(ユリ科

f:id:Jiroviolet:20180805102411j:image

f:id:Jiroviolet:20180805102400j:image

白駒池
f:id:Jiroviolet:20180805102356j:image

ミネザクラ(バラ科)

おそらく…

托葉がある
f:id:Jiroviolet:20180805102414j:image

ミネカエデ(カエデ科)
f:id:Jiroviolet:20180805102403j:image

白駒池周回道にあるコケに覆われた樹林帯

f:id:Jiroviolet:20180805121001j:image

木々の幹を覆うようにコケが盛り上がっている
f:id:Jiroviolet:20180805120957j:image
f:id:Jiroviolet:20180805120953j:image

ダケカンバ(カバノキ科)
f:id:Jiroviolet:20180805121009j:image