INDIANSUMMER

琵琶湖の湖西,あるいはその近辺の自然および植物の紹介です。時折県外や海外の自然になることもあるかと思います。過去の記事を INDIANSUMMER TM にあげました。アドレスは   jiroviolet.hatenablog.jp です。

七草

セリ、ナズナゴギョウハコベラホトケノザスズナスズシロ これぞ七草

今年は年末にある程度の雪が積もったものの、山麓を除けば雪も融けており、七草を採ってきて、七草粥を食べた。

セリは香りの良いセリ、ナズナは一般に言うペンペングサゴギョウハハコグサハコベラハコベホトケノザは一般に言うホトケノザではなく、オニタビラコが縮まったようなコオニタビラコだが、これはほとんど見かけなくなっているようだ。スズナスズシロはカブとダイコンなので、小さな畑で栽培している。

ただ、昔はどこにでもよく見かけた野草を選んでいるのだが、旧暦の正月はひと月ずれて二月の始めだろうし、また、昔の江戸ならその時期に見かけるだろうが、雪深い地方ではほとんど無理かもしれない。

左からセリ、ナズナ……の順

f:id:Jiroviolet:20190107190158j:image

 

セリ(セリ科)

f:id:Jiroviolet:20190107190343j:image

ナズナアブラナ科

おそらくこれがナズナのロゼットかと思うが不確かなので、これのみ除外した。
f:id:Jiroviolet:20190107190339j:image

ゴギョウハハコグサ、キク科)

f:id:Jiroviolet:20190107190756j:image

ハコベラハコベナデシコ科)

ミドリハコベ
f:id:Jiroviolet:20190107190324j:image

左  ホトケノザコオニタビラコ、キク科)

右  ゴギョウハハコグサ、キク科)
f:id:Jiroviolet:20190107190333j:image

 

セリ

f:id:Jiroviolet:20190107191249j:image

ナズナ
f:id:Jiroviolet:20190107191238j:image

ゴギョウ
f:id:Jiroviolet:20190107191245j:image

ハコベラ

f:id:Jiroviolet:20190107191242j:image

ホトケノザ

f:id:Jiroviolet:20190107191235j:image

 

 

 

峰々

今までに訪れた各地の峰々の連なりをあげてみる。

 

後立山連峰

中央は鹿島槍ヶ岳、その右は五竜岳、中央左は爺ガ岳

f:id:Jiroviolet:20190101084206j:image

 

大江山より東、丹波山地の雲海
f:id:Jiroviolet:20190101084155j:image

 

右端が妙高山、中央黒姫山、左高妻山
f:id:Jiroviolet:20190101084152j:image

志賀高原  渋峠付近より東方向
f:id:Jiroviolet:20190101084148j:image

渋峠付近より南方向  八ヶ岳連峰
f:id:Jiroviolet:20190101084202j:image
f:id:Jiroviolet:20190101084159j:image

草津白根山  中央奥に富士山、右浅間山
f:id:Jiroviolet:20190101084143j:image

浅間山

f:id:Jiroviolet:20190101095437j:image

 

霧ヶ峰より富士山
f:id:Jiroviolet:20190101095448j:image

霧ヶ峰より八ヶ岳連峰  左  赤岳、阿弥陀岳、右  権現岳

f:id:Jiroviolet:20190101095444j:image

左から、硫黄岳、横岳、赤岳、阿弥陀岳、右端  権現岳
f:id:Jiroviolet:20190101095441j:image

 

 

ロッキー山脈  ティートンレンジ

中央  最高峰グランドティートン  4200m

右端  モラン山

f:id:Jiroviolet:20190101110430j:image

野鳥

野草を撮影していると、花が、昆虫や鳥と共生して進化してきたことを実感できる。昆虫などは、しばらく花のそばに佇んでいると、いやでも訪れてくるし、大抵はマクロレンズなどで撮影していると、そのまま撮影できることが多い。ただ、野鳥はそうはいかず、ある程度の望遠レンズを持っている時でないと難しいが、時折、近くで写せる時がある。この一年で出逢った野鳥を捜し集めてみた。

 

ほとんどの野鳥が、野草を見ながら、あるいは散歩がてら、偶然に撮ったものである

 

ヤマガラ

f:id:Jiroviolet:20181229131319j:image

f:id:Jiroviolet:20181229131345j:image

子供の頃お祭りでカゴの中で鈴を鳴らしたり、クジを引いてくる鳥がいたが、あれはヤマガラだったようだ

f:id:Jiroviolet:20181229131447j:image

杉の樹皮のすき間に木の実を隠している

このヤマガラは目の前にきた
f:id:Jiroviolet:20181229131444j:image
f:id:Jiroviolet:20181229131440j:image

 

イソヒヨドリ

f:id:Jiroviolet:20181229132335j:image

本来は海岸沿いに生息するのだろうが、以前から見かけるようになった。

きれいな鳥で、鳴き声も美しい
f:id:Jiroviolet:20181229132329j:image

 

カンムリカイツブリ

f:id:Jiroviolet:20181229132607j:image

 

ハクセキレイ
f:id:Jiroviolet:20181229132602j:image

 

キンクロハジロ
f:id:Jiroviolet:20181229132611j:image

 

トビ

f:id:Jiroviolet:20181229132747j:image
f:id:Jiroviolet:20181229132756j:image
f:id:Jiroviolet:20181229132752j:image
f:id:Jiroviolet:20181229132759j:image

伊吹とトビ
f:id:Jiroviolet:20181229132744j:image

 

ツグミ

冬の渡り鳥

f:id:Jiroviolet:20181229132941j:image

 

コサギ

f:id:Jiroviolet:20181229133038j:image

 

カワアイサ
f:id:Jiroviolet:20181229133034j:image

 

シロハラ

秋に林床の木の葉をめくっていることが多い

f:id:Jiroviolet:20181229133259j:image
f:id:Jiroviolet:20181229133303j:image

 

ジョウビタキ  メス

ヤマガラと同じく人懐っこい野鳥
f:id:Jiroviolet:20181229133255j:image

 

マガモ  オス

f:id:Jiroviolet:20181229133543j:image

マガモ  メス
f:id:Jiroviolet:20181229133536j:image
f:id:Jiroviolet:20181229133539j:image

おそらくメスのマガモ
f:id:Jiroviolet:20181229133547j:image

 

カワウ

f:id:Jiroviolet:20181229133935j:image
f:id:Jiroviolet:20181229133944j:image

 

アカゲラ

少し大きめのキツツキ
f:id:Jiroviolet:20181229133948j:image

 

カイツブリ
f:id:Jiroviolet:20181229133939j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紅葉②

主に亜高木や林床の植物を撮っている。

 

アオハダ(モチノキ科)

f:id:Jiroviolet:20181211081233j:image
f:id:Jiroviolet:20181211081241j:image

 

タカノツメ(ウコギ科
f:id:Jiroviolet:20181211081225j:image

f:id:Jiroviolet:20181211220109j:image

 

ネジキ(ツツジ科)
f:id:Jiroviolet:20181211081229j:image

 

アカシデ(カバノキ科)
f:id:Jiroviolet:20181211081237j:image

f:id:Jiroviolet:20181211215437j:image
f:id:Jiroviolet:20181212080850j:image

 

アオハダ(モチノキ科)

f:id:Jiroviolet:20181211081350j:image

f:id:Jiroviolet:20181211081930j:image
f:id:Jiroviolet:20181211081338j:image
f:id:Jiroviolet:20181211081345j:image

 

コハウチワカエデ(カエデ科)
f:id:Jiroviolet:20181211081354j:image
f:id:Jiroviolet:20181211081335j:image
f:id:Jiroviolet:20181211081342j:image

 

ダンコウバイ(クスノキ科

f:id:Jiroviolet:20181211081428j:image

ネジキ(ツツジ科)

f:id:Jiroviolet:20181211081519j:image
f:id:Jiroviolet:20181211081523j:image

 

クサギ(シソ科)
f:id:Jiroviolet:20181211081443j:image

 

アキノキリンソウ(キク科)
f:id:Jiroviolet:20181211081435j:image
f:id:Jiroviolet:20181211081439j:image

 

ゴンズイ(ミツバウツギ科)

f:id:Jiroviolet:20181211081641j:image

f:id:Jiroviolet:20181211215835j:image

 

ムラサキシキブ(シソ科)

f:id:Jiroviolet:20181211215505j:image

f:id:Jiroviolet:20181211215520j:image

 

ウリカエデ(カエデ科)
f:id:Jiroviolet:20181211081632j:image

f:id:Jiroviolet:20181211215601j:image

 

サルトリイバラ(サルトリイバラ科
f:id:Jiroviolet:20181211081627j:image

 

タンナサワフタギ(ハイノキ科)
f:id:Jiroviolet:20181211081636j:image

 

ガマズミ(レンプクソウ科)

f:id:Jiroviolet:20181211215636j:image
f:id:Jiroviolet:20181211215639j:image

 

雑木林

f:id:Jiroviolet:20181211220321j:image
f:id:Jiroviolet:20181211220325j:image
f:id:Jiroviolet:20181211220329j:image
f:id:Jiroviolet:20181211220333j:image

 

 

紅葉①

大雨や度重なる台風で痛めつけられ、今年の紅葉は例年のような鮮やかさがないように思えるが、部分的にはきれいに色づいたところもある。自宅周辺の紅葉を見てまわった。

 

黄色の亜高木はタカノツメ(ウコギ科

高木はクヌギ(ブナ科)とコナラ(ブナ科)

f:id:Jiroviolet:20181210194318j:image
f:id:Jiroviolet:20181210194327j:image

オオモミジ(カエデ科)

手前の黄色はウリカエデ(カエデ科)
f:id:Jiroviolet:20181210194323j:image

 

オオモミジ(カエデ科)

f:id:Jiroviolet:20181210194405j:image

ミツバアケビアケビ科)
f:id:Jiroviolet:20181210194417j:image

イロハモミジ(カエデ科)
f:id:Jiroviolet:20181210194413j:image

マンサク(マンサク科)
f:id:Jiroviolet:20181210194401j:image

カマツカバラ科
f:id:Jiroviolet:20181210194409j:image

 

カマツカバラ科

f:id:Jiroviolet:20181210194441j:image

アカシデ(カバノキ科)
f:id:Jiroviolet:20181210194449j:image

クヌギ(ブナ科)
f:id:Jiroviolet:20181210194446j:image

林床
f:id:Jiroviolet:20181210194457j:image

 

f:id:Jiroviolet:20181210194541j:image
f:id:Jiroviolet:20181210194551j:image
f:id:Jiroviolet:20181210194532j:image
f:id:Jiroviolet:20181210194537j:image
f:id:Jiroviolet:20181210194546j:image

 

オオモミジ(カエデ科)

f:id:Jiroviolet:20181210194628j:image
f:id:Jiroviolet:20181210194624j:image
f:id:Jiroviolet:20181210194634j:image

日吉大社

日本仏教の根本道場である比叡山延暦寺だが、

日吉大社のほうがはるかに古かった。日吉大社はもとは日枝神社と呼んでいて、磐座(いわくら)のある八王子山は小比叡峰、比叡山は大比叡峰と呼ばれ、共に日枝(ひえ)からきている。

八王子山の頂上には牛尾宮と三宮があるが、その中央奥に金大巌(こがねのおおいわ)とよばれる磐座がある。この磐座が日吉大社の始まりで、ひいては比叡山の大本である。

 

坂本から見た八王子山

左  三宮(鴨玉依姫命)  右  牛尾宮(大山咋神荒魂)

大山咋神が八王子山、比叡山の地主神

玉依姫命下鴨神社の祭神

中央奥に金大巌がある

f:id:Jiroviolet:20181201074453j:image

 

紅葉のピーク

f:id:Jiroviolet:20181201122712j:image
f:id:Jiroviolet:20181201122707j:image

 

ニノ鳥居

f:id:Jiroviolet:20181201122808j:image

穴生積みの参道
f:id:Jiroviolet:20181201122803j:image

参道沿いにも磐座がある
f:id:Jiroviolet:20181201122817j:image

土の盛り上がりが祀ってある
f:id:Jiroviolet:20181201122813j:image

穴生積み
f:id:Jiroviolet:20181201122821j:image

 

大将軍神社のコジイ(ブナ科)

スダジイの表示があるが

f:id:Jiroviolet:20181201131614j:image

太閤ザクラ
f:id:Jiroviolet:20181201131618j:image

参道沿いのエノキ(ニレ科)
f:id:Jiroviolet:20181201131622j:image

 

f:id:Jiroviolet:20181201132119j:image

日吉三橋のひとつ二宮橋
f:id:Jiroviolet:20181201132132j:image

猿岩

猿は日吉大社の守護
f:id:Jiroviolet:20181201132127j:image

東本宮楼門
f:id:Jiroviolet:20181201132135j:image

東本宮  祭神  大山咋神

f:id:Jiroviolet:20181201135952j:image

ナギ(マキ科)
f:id:Jiroviolet:20181201140008j:image

葉脈が縦に走り針葉樹である
f:id:Jiroviolet:20181201140028j:image

ナギの実

このナギは雌株

f:id:Jiroviolet:20181202170017j:image

タラヨウ(モチノキ科)
f:id:Jiroviolet:20181201135946j:image

サカキ(モッコク科)
f:id:Jiroviolet:20181201140003j:image

 

八王子山の磐座に登る階段

入り口に牛尾宮、二宮の遥拝宮がある

f:id:Jiroviolet:20181201152358j:image
f:id:Jiroviolet:20181201152355j:image

アラカシ(ブナ科)
f:id:Jiroviolet:20181201152402j:image
f:id:Jiroviolet:20181201152409j:image

神木のスギ
f:id:Jiroviolet:20181201152347j:image

西本宮

日吉大社の祭神は本来は東本宮の大山咋神であるが

天智天皇大津京へ遷都された際奈良の三輪の大己貴神大国主神)を勧請された

f:id:Jiroviolet:20181201173110j:image

西本宮の東に宇佐宮と白山宮があり

宇佐宮の前にはタチバナ(ミカン科)が実をつけていた

大きさはキンカンくらい
f:id:Jiroviolet:20181201173106j:image

西本宮楼門の猿
f:id:Jiroviolet:20181201173057j:image

山王鳥居と呼ばれる仏教と神道の合一を表す鳥居
f:id:Jiroviolet:20181201173102j:image

 

毎年四月に八王子山から神輿を担ぎおろすという山王祭がおこなわれるが、神輿は七つある

日吉七社は西本宮、東本宮、牛尾神社、三宮神社、樹神社、白山姫神社、宇佐神社の七つ

f:id:Jiroviolet:20181202170127j:image

f:id:Jiroviolet:20181202170240j:image
f:id:Jiroviolet:20181202170225j:image
f:id:Jiroviolet:20181202170230j:image
f:id:Jiroviolet:20181202170236j:image

 

モミ(マツ科)

f:id:Jiroviolet:20181202170727j:image

ムクノキ(ニレ科)
f:id:Jiroviolet:20181202170712j:image

コウヤマキコウヤマキ科)
f:id:Jiroviolet:20181202170723j:image

イズセンリョウ(サクラソウ科)
f:id:Jiroviolet:20181202170718j:image

ヤブニッケイクスノキ科
f:id:Jiroviolet:20181202170732j:image

 

 

 

東本宮を琵琶湖側に出たところに山の辺の道とよばれる小道があり、西教寺まで続いている。琵琶湖の景観がよく、古墳があったりする。

 

f:id:Jiroviolet:20181202083217j:image

f:id:Jiroviolet:20181202170337j:image

三上山が見える
f:id:Jiroviolet:20181202083212j:image

久須夜ケ岳

多くの林道が閉鎖されている中、若狭の小浜湾に面したエンゼルラインは頂上まで通行できた。ただし冬場と夜間は閉鎖される。

 

エンゼルラインより小浜湾

f:id:Jiroviolet:20181123202134j:image
f:id:Jiroviolet:20181123202139j:image

 

小浜より久須夜ケ岳

f:id:Jiroviolet:20181123202251j:image

久須夜ケ岳頂上
f:id:Jiroviolet:20181123202256j:image


f:id:Jiroviolet:20181123202303j:image

若狭では三ヶ所しかない一等三角点

あと2ヶ所は百里ケ岳と野坂岳

f:id:Jiroviolet:20181123202311j:image

 

頂上駐車場より常神半島と御神島

右奥は敦賀半島、最奥は越前海岸

f:id:Jiroviolet:20181123202702j:image

御神島はイヌかネコのようにみえる
f:id:Jiroviolet:20181123202706j:image

青葉山

若狭富士

双耳峰で美しい
f:id:Jiroviolet:20181123202658j:image

日本海
f:id:Jiroviolet:20181123202654j:image

おそらく蘇洞門巡りの観光船
f:id:Jiroviolet:20181123202650j:image

はるか西に大小の島が見え

地図で確認すると大島、小島とあり

とすれば大島の奥は丹後半島
f:id:Jiroviolet:20181123202646j:image

 

カラスザンショウ(ミカン科)

f:id:Jiroviolet:20181123212355j:image

 

ヒヨドリバナ(キク科)
f:id:Jiroviolet:20181123212343j:image

 

ネジキ(ツツジ科)
f:id:Jiroviolet:20181123212337j:image

 

クサギ(シソ科)
f:id:Jiroviolet:20181123212333j:image

 

紅葉のピークは少し過ぎている
f:id:Jiroviolet:20181123212351j:image

 

中腹にある大神岩(狼岩)

かなり大きな注連縄が巻いてある

f:id:Jiroviolet:20181123213012j:image

頂上にこそ祠らしきものはなかったが、久須夜ケ岳という名からしていかにも祭神のような感じを受け、

やはり修験、信仰の山のように思える
f:id:Jiroviolet:20181123213016j:image

 

ウリハダカエデ(カエデ科)

f:id:Jiroviolet:20181124081015j:image

f:id:Jiroviolet:20181123213304j:image

 

アカシデ(カバノキ科)
f:id:Jiroviolet:20181123213251j:image

 

左コハウチワカエデ(カエデ科)

コシアブラウコギ科
f:id:Jiroviolet:20181123213240j:image

青  黄  赤
f:id:Jiroviolet:20181123213244j:image

 

頂上にあった

マルバマンサク(マンサク科)
f:id:Jiroviolet:20181123213309j:image

 

シロダモ(クスノキ科
f:id:Jiroviolet:20181123213255j:image

 

頂上駐車場より

敦賀半島  西方が岳

f:id:Jiroviolet:20181124081403j:image

野坂岳
f:id:Jiroviolet:20181124081345j:image

雲谷山
f:id:Jiroviolet:20181124081406j:image

中央  三国山

右  赤坂山
f:id:Jiroviolet:20181124081416j:image

大御影山
f:id:Jiroviolet:20181124081359j:image

三重嶽
f:id:Jiroviolet:20181124081355j:image

武奈ケ嶽
f:id:Jiroviolet:20181124081413j:image

頂上駐車場より少し下がったところから西方向へと伸びる尾根にしっかりとした道があり、

蘇洞門まで続いている。

時間がなく、海岸まではいけないが、尾根からの下降地点まで歩いてみた。

f:id:Jiroviolet:20181124084206j:image

見事なヤブツバキ(ツバキ科)の林
f:id:Jiroviolet:20181124084217j:image
f:id:Jiroviolet:20181124084213j:image

ヤブニッケイクスノキ科

この木が多い

f:id:Jiroviolet:20181124215335j:image

f:id:Jiroviolet:20181124084210j:image

 

カナクギノキ(クスノキ科
f:id:Jiroviolet:20181124084202j:image

 

シロダモ(クスノキ科
f:id:Jiroviolet:20181124215454j:image

 

ツルマサキ(ニシキギ科)

この木も多くいろんな木に巻きついていた
f:id:Jiroviolet:20181124215512j:image
f:id:Jiroviolet:20181124215506j:image

 

カエデかと思いよく見ると久し振りにこの木に出逢った

メグスリノキ(カエデ科)

ずいぶん大きな木で何本か林立している

f:id:Jiroviolet:20181124215749j:image
f:id:Jiroviolet:20181124215753j:image

落ちた葉を集めてみた
f:id:Jiroviolet:20181124215744j:image

 

オモト(キジカクシ科)

f:id:Jiroviolet:20181124220153j:image

 

ミズナラ(ブナ科)
f:id:Jiroviolet:20181124220140j:image

 

オオモミジか

ヤマモミジ(カエデ科)

f:id:Jiroviolet:20181124220145j:image

 

蘇洞門への尾根を歩いていたのが2時頃

500メートルの標高差を下り海岸まで出て、さらに海抜ゼロメートルから登り返すのは無理で

尾根からの下降地点まで行って戻っているが、その後小浜の街まで車で降りてしばらくするとかなり

時雨れてきた

おかげで久しぶりに二重にかかる虹を見たが

 

虹が二重にかかる場合は外側の虹は内側の虹と色の配列が逆になる

f:id:Jiroviolet:20181124220816j:image
f:id:Jiroviolet:20181124220820j:image