INDIANSUMMER

琵琶湖の湖西,あるいはその近辺の自然および植物の紹介です。時折県外や海外の自然になることもあるかと思います。過去の記事を INDIANSUMMER TM にあげました。アドレスは   jiroviolet.hatenablog.jp です。

白滝谷

以前に二度ほど訪れたことがあり、トチノキやカツラ、オヒョウなど奥深い深山の木々が多く生えていた。まだ肌寒いが、以前見かけたエイザンスミレなどがないかと、白滝谷を登れるところまで歩いてみようと出かけた。林道の終点まではよかったが、白滝谷の登山道は荒れていた。落ち葉が深く積もって道がわかりにくく、以前渡渉点にあった橋がすべてなくなっていて、ロープが一本張ってあったが、決して安全なものではなかった。一本めの場所では、ここでは無理だろう…とさらに上へ行くともう一本ロープが張ってあってそこを渡渉したが、一旦渡ってみるとあまり気軽に戻る気になれず、結局白滝山まで登って周回のコースを下りたためずいぶんと時間がかかった。近年は登山ブームになって多くの人が山を訪れるようになったが、なぜか登山道は荒れてしまっているところも多くなったように思える。

白滝谷の奥まったところにある小さいが印象的な滝

以前に訪れた時のことをよく覚えていた

ここより上に小さい滝が連続して続く

f:id:Jiroviolet:20180419203313j:image

オオバヤシャブシ(カバノキ科)

f:id:Jiroviolet:20180419203634j:image

フサザクラ(フサザクラ科)

f:id:Jiroviolet:20180419203659j:image

ヤマハンノキ(カバノキ科)

f:id:Jiroviolet:20180419203728j:image

ヒメヤシャブシ(カバノキ科)

f:id:Jiroviolet:20180419203815j:image

ヤマザクラ(バラ科)

林道周辺のものは落花していたが

上流部ではまだ咲いていた

f:id:Jiroviolet:20180419203805j:image

上流部のヤマザクラ

f:id:Jiroviolet:20180419231811j:image

アカシデ(カバノキ科)

f:id:Jiroviolet:20180419203920j:image

カツラ(カツラ科)

f:id:Jiroviolet:20180419203948j:image

ツルアジサイアジサイ科)

f:id:Jiroviolet:20180419204010j:image

コバノミツバツツジツツジ科)

なぜかミツバツツジの開花もこの株だけしか見なかった

f:id:Jiroviolet:20180419204053j:image

トチノキトチノキ科)

f:id:Jiroviolet:20180419204119j:image

アスナロ(ヒノキ科)

f:id:Jiroviolet:20180419204148j:image

アスナロの葉裏

f:id:Jiroviolet:20180419204216j:image

ヤマグルマ(ヤマグルマ科)

この渓流沿いに多い

f:id:Jiroviolet:20180419221622j:image

f:id:Jiroviolet:20180419221646j:image

イヌブナ(ブナ科)

f:id:Jiroviolet:20180419221713j:image

以前は上流に詰めていくに従ってイヌブナがよく目立ったが、上流部ではまだ葉が展開していなかった

ブナは頂上部周辺に少しあるくらいでブナ林と言えるものはない

f:id:Jiroviolet:20180419221729j:image

ヒメウツギアジサイ科)

f:id:Jiroviolet:20180419221823j:image

渡渉地点のカツラ

f:id:Jiroviolet:20180419221901j:image

カツラの大木がかなり多い

f:id:Jiroviolet:20180419221916j:image

f:id:Jiroviolet:20180419221942j:image

f:id:Jiroviolet:20180419221956j:image

f:id:Jiroviolet:20180419222019j:image

f:id:Jiroviolet:20180419222111j:image

ホンシャクナゲツツジ科)

f:id:Jiroviolet:20180419222125j:image

f:id:Jiroviolet:20180419231841j:image

ヤマブキ(バラ科)

ヤマブキの開花はこの株だけだった

f:id:Jiroviolet:20180419224302j:image

テツカエデ(カエデ科)

珍しいテツカエデが固まって生えている

f:id:Jiroviolet:20180419224321j:image

チャボガヤ(イチイ科)

f:id:Jiroviolet:20180419224356j:image

イヌシデ(カバノキ科)

f:id:Jiroviolet:20180419224428j:image

モミ(マツ科)

f:id:Jiroviolet:20180419224457j:image

ミズメ(カバノキ科)の大木

f:id:Jiroviolet:20180419224528j:image

アカシデ(カバノキ科)の大木

f:id:Jiroviolet:20180419224600j:image

トチノキトチノキ科)

f:id:Jiroviolet:20180419224624j:image

ウリカエデ(ムクロジ科)

ヤマザクラかと思い近づくとウリカエデだった

f:id:Jiroviolet:20180419224701j:image

トチバニンジン(ウコギ科

f:id:Jiroviolet:20180419230649j:image

コチャルメルソウ(ユキノシタ科)

f:id:Jiroviolet:20180419230703j:image

モミジチャルメルソウ(ユキノシタ科)

f:id:Jiroviolet:20180420195243j:image

タチネコノメソウ  (ユキノシタ科)

f:id:Jiroviolet:20180419230804j:image

 

イワウチワ(イワウメ科)

f:id:Jiroviolet:20180419230840j:image

f:id:Jiroviolet:20180419230858j:image

花が少ない中で唯一多くみられたのがこの花

f:id:Jiroviolet:20180419230828j:image

 

バイケイソウユリ科

夫婦滝近くから白滝山への一帯はバイケイソウハシリドコロ、キタヤマブシの毒草三兄弟だらけ

f:id:Jiroviolet:20180419230927j:image

f:id:Jiroviolet:20180419231016j:image

ハシリドコロ(ナス科)

f:id:Jiroviolet:20180419230944j:image

 

f:id:Jiroviolet:20180419230957j:image

 

トリカブトの葉が多くある中でこれはもしかするとニリンソウか?と思えるものがあったが、歩いて行くと後で並んで教えてくれる株があった

ただこれだけトリカブトが多いと葉のみ単独での判断は決めかねる

左はトリカブト

f:id:Jiroviolet:20180419231140j:image

キタヤマブシ(キンポウゲ科

f:id:Jiroviolet:20180419230724j:image

 

ツクバネソウ(ユリ科

f:id:Jiroviolet:20180419231230j:image

エンレイソウユリ科

f:id:Jiroviolet:20180420191318j:image

 

オオイタヤメイゲツ(カエデ科)

白滝山の頂上部周辺はオオイタヤメイゲツ林となっている

f:id:Jiroviolet:20180419231325j:image

ただまだ全く芽吹いてはいない

f:id:Jiroviolet:20180419231345j:image

白滝山頂上  1022m

f:id:Jiroviolet:20180419231359j:image

音羽池  頂上の少し下にある小さな池

f:id:Jiroviolet:20180419231414j:image

 

ワサビ大滝

伊藤新道を下ったところにある

f:id:Jiroviolet:20180419231519j:image

 

登山道が荒れているのは、台風や大雨で道や橋が流されたままになっているのかと思うが、おそらく結構な人が渡渉時にはまったり、道に迷ったりしているかと思う。

幾分時期が早いとはいえ、草本の花がほとんど見られなかったのはやはり鹿の食害かと思える。上流部の平坦地では毒草のバイケイソウハシリドコロトリカブトばかりが群生していた。この谷の植生は非常に多様なのだが残念だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春彩

ずいぶんと以前に裏磐梯の紅葉に感動した時、案内の人が、春はもっときれいですよ…と言われて何のことかわからなかったことがある。春の木々の芽吹きは、気候によって、あるいは木々が持つ習性によって幾分変化するが、灰色の山々が一気に色付いていく様は、やはり命の息吹と重なってうれしくもあり、ありがたく思える。

 

百瀬川が、平野部に出たところに、一般に軍艦山と呼ばれている低い山があり、自然植生でかなりのサクラが密生して生えている。年によっては、他のアカシデやケヤキなどと芽吹きが重なって彩を増すことがある。

f:id:Jiroviolet:20180409171421j:image

f:id:Jiroviolet:20180409171439j:image

f:id:Jiroviolet:20180409171455j:image

f:id:Jiroviolet:20180410185323j:image

エドヒガンザクラ(バラ科)

開花時は紅色の濃い色の蕾が開くにつれて白くなり散り際に黄緑色の葉が出てくる

f:id:Jiroviolet:20180409172014j:image

ヤマザクラ(バラ科)

開花とほぼ同時に葉が開いてきて葉の色の変化が多い

f:id:Jiroviolet:20180409172032j:image

国道沿いの斜面

f:id:Jiroviolet:20180409185931j:image

 

蛇谷ケ峰、地元ではオグラス山と呼ばれる標高900mの山の西側斜面

毎年他に先駆けてタムシバが開花し、年によっては一面に雪がかぶったように見える

 

f:id:Jiroviolet:20180410075513j:image

黄緑色に見えるのはイヌブナ(ブナ科)

f:id:Jiroviolet:20180410075722j:image

f:id:Jiroviolet:20180410075737j:image

 

タムシバモクレン科)

山麓から山の斜面に生える

全体に良い香りがするためニオイコブシともいう

f:id:Jiroviolet:20180410185546j:image

コブシ(モクレン科)

平地や川沿いに生える

開花時に花の付け根に葉が一枚展開する

f:id:Jiroviolet:20180410185623j:image

シデコブシモクレン科)植栽

愛知県や三重県岐阜県の限られた地域に生育する

ヒメコブシとも

f:id:Jiroviolet:20180410185657j:image

 

 

小関越え

昔より京都から大津へ行くにはよく歌に詠まれている逢坂山を越えて行くが、この東海道の間道にあたるのか、小関(おぜき)越えという道がある。今回は京都の山科から大津の長等までを歩いた。

 

山科からはしばらくは琵琶湖の水を京都まで送る疏水(そすい、明治時代に作られたもの)沿いに歩くが、ここは以前からサクラが植えてあり、花見をしながら歩ける。今年はもう花はほぼ終わりかけではあったが。

f:id:Jiroviolet:20180407082834j:image

 

クヌギ(ブナ科)

こちらではずいぶん木々が芽吹いていた

f:id:Jiroviolet:20180407083412j:image

f:id:Jiroviolet:20180407083438j:image

 

イロハモミジ(カエデ科)

f:id:Jiroviolet:20180407083545j:image

 

ジロボウエンゴサク(ケシ科)

他の地域では普通の種かもしれないが県内では稀

f:id:Jiroviolet:20180407084048j:image

お地蔵さんとジロボウエンゴサク

f:id:Jiroviolet:20180407084127j:image

瓦屋根のジロボウエンゴサク

f:id:Jiroviolet:20180407084204j:image

ジロボウエンゴサクに対するタロボウ(太郎坊)というのはスミレのことで春に馴染みのある花を指す言葉

八日市東近江市)に巨岩で有名な太郎坊宮があるが、それに対する次郎坊は鞍馬寺のこと

f:id:Jiroviolet:20180407085000j:image

 

セキショウ(ショウブ科)

香りが良く端午の節句に風呂に入れたショウブと同じ仲間

ショウブと、アヤメのようなハナショウブとは全く異なる

f:id:Jiroviolet:20180407085024j:image

 

ウワミズザクラ(バラ科)

f:id:Jiroviolet:20180407085430j:image

f:id:Jiroviolet:20180407085503j:image

 

モチツツジツツジ科)

f:id:Jiroviolet:20180407085530j:image

 

クサイチゴ(バラ科)

f:id:Jiroviolet:20180407085545j:image

 

テリハノイバラ(バラ科)

f:id:Jiroviolet:20180407085618j:image

 

イズセンリョウ(ヤブコウジ科→イズセンリョウ科→サクラソウ科)

珍しい植物で実が白くなる

照葉樹林帯の植物

f:id:Jiroviolet:20180407085656j:image

 

イヌガシ(クスノキ科

カシの名が付くがブナ科ではない

赤い部分が花

f:id:Jiroviolet:20180407085714j:image

f:id:Jiroviolet:20180407085730j:image

 

ヤブツバキ(ツバキ科)

f:id:Jiroviolet:20180407085746j:image

 

アリドオシ(アカネ科)

ツルアリドウシはよく見かけるが同じように実が二つずつ付く

f:id:Jiroviolet:20180407085804j:image

 

タラヨウ(モチノキ科)

葉に油分を多く含み昔から文字を書くのに使われた

f:id:Jiroviolet:20180407085829j:image

 

ヤブニッケイクスノキ科

f:id:Jiroviolet:20180407085845j:image

 

アオキ(アオキ科、ガリア科)

f:id:Jiroviolet:20180407085858j:image

 

クスノキクスノキ科

f:id:Jiroviolet:20180407085914j:image

 

カスミザクラ(バラ科)

山道の林道(舗装された車道)沿いに何本か大木があったがもしかすると植栽された園芸種かもしれない

薄暗い中では白い花が映えていた

f:id:Jiroviolet:20180407085937j:image

 

ショカッサイ(アブラナ科

オオアラセイトウハナダイコンとも

諸葛孔明が戦地で栽培したことから

f:id:Jiroviolet:20180407085952j:image

 

 

 

 

 

 

海津大崎

サクラの季節になっても以前はふつうに見に行くことができたが、ここ10年ほどになるか、とんでもない人出で、湖西ばかりか湖北に廻る道にまで延々と渋滞が続くようになった。今年はここのサクラも他にもれず、随分と早く満開を迎え今週末がピークかと思われる。

昨日思い立って、朝の6時に訪れてみたが、ゆったりと見て廻ることができた。朝の光も綺麗で、なかなか気付かないが、意外と簡単なことで全く違った時間を過ごせるものだ。

 

f:id:Jiroviolet:20180406214536j:image

 

f:id:Jiroviolet:20180406214548j:image

 

f:id:Jiroviolet:20180406214602j:image

 

f:id:Jiroviolet:20180406214611j:image

 

f:id:Jiroviolet:20180406214634j:image

 

f:id:Jiroviolet:20180406214656j:image

 

f:id:Jiroviolet:20180406214720j:image

 

f:id:Jiroviolet:20180406214737j:image

 

f:id:Jiroviolet:20180406214750j:image

 

f:id:Jiroviolet:20180406214803j:image

 

 

 

 

春一気

ようやくサクラも咲き出したと思えば、ソメイヨシノエドヒガンもヤマザクラも一気に咲き出した。イチリンソウもエンゴサクもカタクリもスミレも一気に咲き出し、吉野山のサクラは下千本も中千本も上千本も一気に咲き出して満開になったとのこと。

二月にかつてないほど長期にわたって寒気が居座り、この地では経験したことがないほどの低温が続いた。それにもかかわらず、気象予報で、サクラの開花が早まるとの予報は当たっていたが、早まったのは寒気による休眠打破によるものとのこと。休眠打破は花芽にせよ葉芽にせよ本来持っている性質だが、例年言われている積算温度というのはどうなったのだろう。

春は駆け足…というのもよく聞く言葉だが、やはりもう少しゆったりと季節が流れてほしいとは思う。

 

以下、種類、場所が雑多になるかもしれないが…

 

コバノミツバツツジツツジ科)

春の山でミツバツツジの花の色は鮮烈で、目を疑うような色といってもいい

f:id:Jiroviolet:20180405222139j:image

f:id:Jiroviolet:20180405222228j:image

f:id:Jiroviolet:20180405222245j:image

f:id:Jiroviolet:20180405222304j:image

 

ヤマザクラ(バラ科)

本来はもっと遅れて咲くはずだが

f:id:Jiroviolet:20180405222423j:image

f:id:Jiroviolet:20180406183754j:image

 

エドヒガンザクラ(バラ科)

f:id:Jiroviolet:20180405222447j:image

f:id:Jiroviolet:20180405222601j:image

 

ヤブツバキ(ツバキ科)

f:id:Jiroviolet:20180406184000j:image

f:id:Jiroviolet:20180406184050j:image

 

クロモジ(クスノキ科

f:id:Jiroviolet:20180406184145j:image

f:id:Jiroviolet:20180406184217j:image

 

エゴノキエゴノキ科)

f:id:Jiroviolet:20180406184243j:image

f:id:Jiroviolet:20180406184430j:image

 

イヌシデ(カバノキ科)

f:id:Jiroviolet:20180406184532j:image

f:id:Jiroviolet:20180406184618j:image

 

アカシデ(カバノキ科)

イヌシデに対して花穂が赤い

f:id:Jiroviolet:20180406184853j:image

 

ヒメヤシャブシ(カバノキ科)

f:id:Jiroviolet:20180406185557j:image

 

ホオノキ(モクレン科)

f:id:Jiroviolet:20180406184951j:image

 

ウワミズザクラ(バラ科)

もう花穂が出来ている

f:id:Jiroviolet:20180406185004j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

希望ヶ丘文化公園

近くに寄ったので、スミレくらい咲いていないかと歩いてみた。こちらでは植栽のサクラがほぼ満開に近いものもあり、家族連れやご夫婦を多く見かけた。公園の中央の道路沿いの遊歩道はやはり昨年の台風により通行不可となっており、三上山沿いの遊歩道を歩いてみたが、上部の日当たりのいいところへ行くと、コバノミツバツツジがたくさん咲き出している。ただ、スミレは見かけず、戻りかけたら、最後にニオイスミレに出逢えた。

 

3月28日

 

近江富士花緑公園

種々の植物が植栽してある

トサミズキ(マンサク科)

f:id:Jiroviolet:20180402212205j:image

ツノハシバミ(カバノキ科)

f:id:Jiroviolet:20180402212452j:image

アブラチャン(クスノキ科

f:id:Jiroviolet:20180402212617j:image

アセビツツジ科)

f:id:Jiroviolet:20180402212724j:image

タムシバモクレン科)

f:id:Jiroviolet:20180402212812j:image

アオモジ(クスノキ科

f:id:Jiroviolet:20180402212928j:image

 

以下は遊歩道

自然植生

ヒサカキ(サカキ科)

f:id:Jiroviolet:20180402213031j:image

ユズリハユズリハ科)

f:id:Jiroviolet:20180402213201j:image

モチツツジツツジ科)

f:id:Jiroviolet:20180402213339j:image

アラカシ(ブナ科)

早春のこの時期は「照葉樹」という言葉の意味がよくわかる

f:id:Jiroviolet:20180402213421j:image

ヒメヤシャブシ(カバノキ科)

f:id:Jiroviolet:20180402213500j:image

尾根筋にイヌともネコともとれるような形の岩が見える

f:id:Jiroviolet:20180402213604j:image

近くで

f:id:Jiroviolet:20180402215157j:image

古墳なのかトンネル状の大岩

f:id:Jiroviolet:20180402215349j:image

イヌ岩?から南、三上山方面

f:id:Jiroviolet:20180402215513j:image

おそらくタムシバ

f:id:Jiroviolet:20180402213735j:image

コバノミツバツツジツツジ科)

f:id:Jiroviolet:20180402213823j:image

f:id:Jiroviolet:20180402213852j:image

f:id:Jiroviolet:20180402213907j:image

f:id:Jiroviolet:20180402213921j:image

ニオイスミレ(スミレ科)

英語で. Sweet Violet

f:id:Jiroviolet:20180402213959j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタ映え

もう今から十数年前になるか、仲間と藤原岳の麓のセツブンソウを見に行ったことがあり、あとで近くに梅林があるとのことで、皆で行ってみたが規模も大きくいいところだった。近くに行く機会があったので、ちょうどいい時期になっているかと久々に訪れてみたら…以前とは打って変わってとんでもない人出になっていた。パンフレットには東海随一の規模とあり、駐車場もかなりの大きさに広がっていたように思う。

近畿圏では、南部(みなべ)や月ヶ瀬などの昔からの梅林が有名だが、ここ員弁(いなべ…と読む)の梅林は見栄えがするように種々の色の梅や、枝垂れのものなどを交えて植えてあり、上部から見下ろせるような地形にしてあったりする。マキノのメタセコイア並木は見せることを意識して植えられたわけではないが、ここはまさに見せることを考えて作られた所だろう。一年にたった一二週間ほどの人出のために、これほどの駐車場や施設をと思うこともあるが、今各地で過疎化や人口の減少が続く中、この梅林によって少なくとも員弁という地名は人々に知られるようにはなり、ちゃんと維持管理する限りいつまでも残るし、年月を経るごとに立派になっていく。しかもそのことを十数年前に(もっと前かもしれない)取り組んだというのは立派なことかもしれない。

中心部を展望地から

f:id:Jiroviolet:20180324215926j:image

f:id:Jiroviolet:20180324220022j:image

f:id:Jiroviolet:20180324220044j:image

f:id:Jiroviolet:20180324220113j:image

f:id:Jiroviolet:20180324220131j:image

f:id:Jiroviolet:20180324220220j:image

f:id:Jiroviolet:20180324220200j:image

注連縄の巻いてある古木も数本ある

f:id:Jiroviolet:20180324220235j:image

 

奥の一画に花色としては淡い、剪定されて樹高が揃っている梅林がある

f:id:Jiroviolet:20180324220303j:image

白だけでなく淡い桃色の株もあるが、ここは実際に梅を収穫するための梅林かと思う

f:id:Jiroviolet:20180324220557j:image

f:id:Jiroviolet:20180324220613j:image

奥の山は藤原岳

f:id:Jiroviolet:20180324220647j:image

サクラのようにも見えるがやはりガクの部分が異なる

f:id:Jiroviolet:20180324221322j:image

f:id:Jiroviolet:20180324221338j:image

 

f:id:Jiroviolet:20180324221401j:image

f:id:Jiroviolet:20180324221418j:image

f:id:Jiroviolet:20180324221433j:image

山沿いに大きな枝垂れ柳が芽吹いていて緑との対比が鮮やかだった

f:id:Jiroviolet:20180324221452j:image

f:id:Jiroviolet:20180324221613j:image

強剪定といって枝を深く切り込むとシュートという新しい枝が数多く伸びてくる

f:id:Jiroviolet:20180324221638j:image

 

f:id:Jiroviolet:20180324221659j:image

インスタ映え…を意識して撮ってみました

f:id:Jiroviolet:20180324221715j:image

梅林なのでというのも変な言い方かもしれないが、やはり年配の方や、ご夫婦が多かった。ところが、単独の女性や、若い女性なども多く、そういった女性はたいていカメラやスマホを構えていて、一眼レフのカメラを持っている人も多い。見ていると、水たまりに浮かぶ花の姿などを熱心に撮ったりしていて…あーそうか!と気づいた。

いわゆるインスタ映えといういま流行りの女性たちだろう。

私を含めた年配のものを除けば、なぜか男性でカメラを構えている人は少なかった。

何か皆が同じように行動するとどんなものなのかと考えたりしてしまうが、今の不安定な時代に、このようなことに一生懸命になってくれているのはいいことなのかもしれないとも思う。

 

枝垂れ桜のようにも見える枝垂れ梅

f:id:Jiroviolet:20180324221728j:image