INDIANSUMMER

琵琶湖の湖西,あるいはその近辺の自然および植物の紹介です。時折県外や海外の自然になることもあるかと思います。過去の記事を INDIANSUMMER TM にあげました。アドレスは   jiroviolet.hatenablog.jp です。

中秋

 

 

昨日は秋らしい空になったが、今日(9/13)はもうひとつすっきりしない。

ただ、あれほどの残暑が昨日から一変してくれたのはありがたい。月というのは、晴れた空だけでなく、澄んだ空気で観るものかもしれない。

 

f:id:Jiroviolet:20190913220626j:image

満月自体は明日(9/14)のようだ

中秋というのは初秋、晩秋に対するが、なぜこの時期が中秋なのか

昔は123月が春、456月が夏、789月が秋、101112月が冬  というとらえ方だった

もちろん旧暦なので今の暦では234月が春、567月が夏、8910月が秋、11121月が冬  ということになる

それゆえこの時期が中秋になるのはわかるが、迎春という言葉からわかる通り、旧暦の1月、今の2月が春としてとらえられていたのはわかっても、旧暦の7月、今の8月が秋という感覚はもうひとつわからない。ただ、たしかに、立秋は例年8月の上旬だが...

三月ごとに季節をわりあてると、今の感覚なら、

345月が春、678月が夏、91011月が秋、1212月が冬になるかと思う

もしかすると、昔の人に比べて、現代人の感覚が鈍ってきているか、あるいは、昔に比べて、気候自体がいくぶん変化してきているか、どちらかかもしれない

f:id:Jiroviolet:20190913220612j:image

 

以下のススキ(イネ科)は昨年のもの

 

f:id:Jiroviolet:20190914064559j:image
f:id:Jiroviolet:20190914064553j:image
f:id:Jiroviolet:20190914064556j:image

 

以下の雲は昨日(9/12)のもの

 

うろこ雲(巻層雲)

f:id:Jiroviolet:20190912200655j:image

白い花はニラ(ヒガンバナ科
f:id:Jiroviolet:20190912173142j:image
f:id:Jiroviolet:20190912173135j:image

左下の山は小谷山
f:id:Jiroviolet:20190912173145j:image

 

今やっと涼しくなったとはいえ、おそらくまた残暑が戻るかもしれない

今年の夏は盆までの日照りと高温、その後の前線の停滞、そして残暑があり、やはり夏らしい夏でもなかったように思える

ただ、樹々の実はたわわに実るものが多かった

もっとも、高山のブナやナラがどうなのかは、今年は登れていないのでわからないが

 

クリ(ブナ科)

野生のシバグリ
f:id:Jiroviolet:20190911190211j:image
f:id:Jiroviolet:20190911190217j:image


アオハダ(モチノキ科)

f:id:Jiroviolet:20190911190446j:image
f:id:Jiroviolet:20190911190442j:image

 

ウワミズザクラ(バラ科

f:id:Jiroviolet:20190911190551j:image

ウワミズザクラの実は小さいが、割った中の白い部分は

杏仁豆腐の香りがする
f:id:Jiroviolet:20190911190555j:image

永平寺 追記

友人の曹洞宗僧侶に、訪れた永平寺の正門、および山門に示されている書について教わったので紹介しておく

 

正門

 

f:id:Jiroviolet:20190905184612j:image

 

杓底一残水  しゃくていのいちざんすい

汲流千億人  ながれをくむせんおくのひと

熊沢泰禅禅師の書

道元禅師が永平寺に住されたとき、毎朝門前を流れる谷川の水を汲んで仏前に供えられたが、柄杓の底に残ったわずかな水でも捨てずに下流の人のためにつつましやかに谷川に戻された。その徳を偲んでの言葉。

川に架かる橋の名も「半杓橋」といい、いずれもわずかな水でも大切に、そまつにしてはいけないとの教えに基ずく。禅では物を大切にし、人の目につかないところで人としてなすべき行いをする「陰徳を積む」修行を重んじる。

 

 

山門の聯(れん)に書かれている言葉

 

f:id:Jiroviolet:20190905184719j:image

 

f:id:Jiroviolet:20190905195516j:image

右側  【家庭厳峻  不容陸老従真門入】
かていげんしゅん りくろうのしんもんよりいるをゆるさず

 

右側=永平寺という家庭は、仏祖の家訓に厳しく従う。
どのような社会的地位のある人でも仏を求める心が無ければ、この門より入ることは許さない。

 

f:id:Jiroviolet:20190905195529j:image

左側  【鎖鑰放閑  遮莫善財進一歩来】
さやくほうかん、さもあらばあれ、ぜんざいのいっぽをすすめきたるに

 

左側=そうであるが、この山門は鍵はかからず扉もない、入り口は常に解き放れている、善財童子のような道心があればいつでも、その一歩を進めて入れるようになっている。

秋の野草①

いまだに前線がかかり不安定な天気だが、9月になった。

 

 

ゲンノショウコフウロソウ科

現の証拠…腹痛時の薬草、煎じて飲めばすぐに効くということ

腹痛時の薬草だが、おもしろいことに、下痢にも便秘にも効くという

赤花と白花があるが、近辺ではどちらが多いとも言えないように思う

f:id:Jiroviolet:20190902214820j:image
f:id:Jiroviolet:20190902214814j:image

 

ヘクソカズラ(アカネ科)

悪い名前をつけられたが、綺麗な花をつける

f:id:Jiroviolet:20190903080428j:image
f:id:Jiroviolet:20190903080414j:image

 


f:id:Jiroviolet:20190903080435j:image

 

センニンソウキンポウゲ科

赤はクサギ
f:id:Jiroviolet:20190903080418j:image

f:id:Jiroviolet:20190909184557j:image
f:id:Jiroviolet:20190909184553j:image

 

クサネムマメ科

ネムの名の通り夜には葉を閉じる

f:id:Jiroviolet:20190904080504j:image
f:id:Jiroviolet:20190904080512j:image

田の畦の縁によく生えている
f:id:Jiroviolet:20190904080508j:image

 

ワルナスビ(ナス科)

鋭いトゲを持っており、名前の通り畑に広がると厄介な害草となる

f:id:Jiroviolet:20190904082556j:image
f:id:Jiroviolet:20190904082553j:image

 

メハジキ(シソ科)

f:id:Jiroviolet:20190904082651j:image
f:id:Jiroviolet:20190904082659j:image

 

ブタクサ(キク科)
f:id:Jiroviolet:20190904082654j:image
f:id:Jiroviolet:20190904082646j:image

 

ソクズ(スイカズラ科)
f:id:Jiroviolet:20190904110436j:image

あまり馴染みのない野草かと思うが、生育する場所には群生している

f:id:Jiroviolet:20190904203721j:image

f:id:Jiroviolet:20190904203741j:image

 


ノブドウブドウ科

蝶はアオスジアゲハ
f:id:Jiroviolet:20190904110642j:image
f:id:Jiroviolet:20190904110630j:image
f:id:Jiroviolet:20190904110637j:image

 

ミズタマソウ(アカバナ科
f:id:Jiroviolet:20190904110432j:image

f:id:Jiroviolet:20190904203949j:image

永平寺

知人の曹洞宗の僧侶の案内で、友人と共に永平寺に初めての座禅体験に行ってきた。

今までに二、三度訪れたことはあるが、ただ見て廻るだけでなく、体験をし、説明を聞きながら廻ってみると随分と違う。

ちょうど雨上がりで、苔むした境内はまるで新緑の季節のように明るい緑色に輝いていた。

 

f:id:Jiroviolet:20190829083652j:image

 

まるで新緑の季節のような感じがする
f:id:Jiroviolet:20190829083639j:image
f:id:Jiroviolet:20190829083647j:image
f:id:Jiroviolet:20190829083643j:image

 

傘松閣大広間の絵天井

花鳥図がびっしりと描かれている

f:id:Jiroviolet:20190829084229j:image
f:id:Jiroviolet:20190829084218j:image

 

総門

 

修行僧はここで入門を請うが、普通でも数時間は待たされる

いい加減な覚悟で入門できないということ

見学路から外れてはいけないので、外観は撮れない
f:id:Jiroviolet:20190829084222j:image

総門の一部を上から

f:id:Jiroviolet:20190829114805j:image

総門の四天王
f:id:Jiroviolet:20190829084209j:image
f:id:Jiroviolet:20190829084213j:image

 

鐘楼堂

雪景色の中、年末に、除夜の鐘でよく放映される
f:id:Jiroviolet:20190829084226j:image

 

僧堂

修行僧の座禅、食事、就寝の場

畳一畳ほどのところに丸まって寝る

右にさらに大きな僧堂がある

f:id:Jiroviolet:20190829115207j:image

 

仏殿

中央に釈迦牟尼佛、左に過去の阿弥陀仏、右に未来の弥勒仏が祀ってある
f:id:Jiroviolet:20190829115203j:image

f:id:Jiroviolet:20190829115215j:image

 

七堂伽藍を結ぶ回廊

なお、七堂伽藍とは

「山門」、「仏殿」、「僧堂」、「大庫院(だいくいん)」、「東司(とうす)」、「浴室」、「法堂(はっとう)」のこと

東司とは便所のこと
f:id:Jiroviolet:20190829115223j:image

 

大庫院

韋駄尊天が祀ってあり、奥に食事を作る典座寮がある

f:id:Jiroviolet:20190829120420j:image
f:id:Jiroviolet:20190829120417j:image

 

法堂(はっとう)

一番奥にあり、朝のお勤めや法要の場

聖観世音菩薩が祀ってある

以前正月に来た時に、多くの僧侶が経を唱えておられて、その響きに感動したことがある

f:id:Jiroviolet:20190829120857j:image
f:id:Jiroviolet:20190829120853j:image

 

承陽殿(じょうようでん)

永平寺でもっとも神聖な場所

道元禅師の遺骨や歴代住職の位牌が納められてある

道元禅師は承陽大師という

ちょうど読経の最中だったので、撮影はできなかったが、やはり多くの僧侶が経を唱える響きは感動する

案内してもらった知人の僧侶に聞いたが「大悲心陀羅尼」という経とのこと

Youtube で「大悲心陀羅尼」(だいひしんだらに)で曹洞宗のものが聴ける

 

承陽殿前の庭と門

f:id:Jiroviolet:20190829124941j:image
f:id:Jiroviolet:20190829124937j:image

処暑

今日八月二十三日は二十四節気処暑にあたる。まだ残暑はあるものの朝夕は涼しくなり秋の気配が増す頃とある。今年はこの時期に長らく前線が停滞しており、今日は朝夕のみならず、昼間も涼しかった。

秋の花が咲き出した。

 

ツリガネニンジン(キキョウ科)

f:id:Jiroviolet:20190823183112j:image

 

オトコエシ(オミナエシ科)
f:id:Jiroviolet:20190823183108j:image

 

キクバヤマボクチ(キク科)
f:id:Jiroviolet:20190823183116j:image

 

ヒヨドリバナ(キク科)
f:id:Jiroviolet:20190823183104j:image

 

タカサゴユリユリ科

台湾からの帰化

他のユリと異なり一年で開花する

f:id:Jiroviolet:20190823184009j:image
f:id:Jiroviolet:20190823184006j:image

 

ヨウシュヤマゴボウヤマゴボウ科)

f:id:Jiroviolet:20190823184828j:image
f:id:Jiroviolet:20190823184834j:image

 

クサギ(シソ科)
f:id:Jiroviolet:20190823184821j:image

 

カエデドコロ(ヤマノイモ科)
f:id:Jiroviolet:20190823184831j:image

 

センニンソウキンポウゲ科
f:id:Jiroviolet:20190823184824j:image

 

クリ(ブナ科)

f:id:Jiroviolet:20190823185941j:image
f:id:Jiroviolet:20190823185947j:image

 

ゴンズイ(ミツバウツギ科)
f:id:Jiroviolet:20190823185950j:image

 

左  ダンドボロギク(キク科)

右  ベニバナボロギク(キク科)
f:id:Jiroviolet:20190823185954j:image

 

イソノキ(クロウメモドキ科)
f:id:Jiroviolet:20190823185937j:image

 

ウワミズザクラ(バラ科

f:id:Jiroviolet:20190823190531j:image
f:id:Jiroviolet:20190823190535j:image

 

 

 

 

足羽川渓流遊歩道

福井市内の中心を流れる足羽川(あすわがわ)は冠山に源をたどる。上流の池田町に「川と森の遊歩道」と名付けられた整備された散策路がある。上流の「かずら橋」から下流の「ふれあい橋」と名付けられた吊橋まで歩いてみたが、この夏の暑さにもかかわらず、ケヤキやトチの覆いかぶさった渓流沿いの道は川の水で冷やされた窪地のようになっており、快適な散策ができる。春や秋には多くの花が見られることと思う。

 

f:id:Jiroviolet:20190811120452j:image

 

かずら橋

f:id:Jiroviolet:20190811120538j:image

 

川面に緑が映り込む
f:id:Jiroviolet:20190811120532j:image
f:id:Jiroviolet:20190811120551j:image
f:id:Jiroviolet:20190811120541j:image

 

遊歩道
f:id:Jiroviolet:20190811120547j:image

f:id:Jiroviolet:20190811120635j:image

 

ミヤマイラクサイラクサ科)

f:id:Jiroviolet:20190811122220j:image

 

ミズヒキ(タデ科
f:id:Jiroviolet:20190811122215j:image

 

ミョウガ(ショウガ科)
f:id:Jiroviolet:20190811122209j:image

 

フジカンゾウマメ科
f:id:Jiroviolet:20190811122205j:image

 

ハグロソウ(キツネノマゴ科)

f:id:Jiroviolet:20190811122846j:image

 

ケンポナシ(クロウメモドキ科)
f:id:Jiroviolet:20190811122901j:image

 

ウバユリ(ユリ科

f:id:Jiroviolet:20190811122856j:image

 

ケヤキケヤキ科)
f:id:Jiroviolet:20190811122850j:image

 

キツネノボタンキンポウゲ科

f:id:Jiroviolet:20190811131419j:image

 

スギ(ヒノキ科)

下に札がぶら下がっているが

コスギの名が付いていた
f:id:Jiroviolet:20190811131415j:image

 

ボタンヅル(キンポウゲ科
f:id:Jiroviolet:20190811131426j:image

 

ゼンマイ(ゼンマイ科)
f:id:Jiroviolet:20190811131423j:image

 

 

集落の道路の法面や石垣にびっしりとヒメフウロが張り付いていた

自然のものなのか、植栽したものが増えたのかわからない

f:id:Jiroviolet:20190812204343j:image

 

ヒメフウロフウロソウ科
f:id:Jiroviolet:20190812204339j:image

冠山峠

岐阜県揖斐川町から福井県の池田町へ冠山林道が通っており、峠の標高は1050mある。現在岐阜県側の徳山ダムから池田町への大規模なトンネルを掘削しているが、なんといっても冠山峠からの冠山の眺望が素晴らしく、峠から福井県側には広範囲のブナ林が広がっている。

訳あって今は長い距離を歩くことが出来ず、峠から冠山へも行けないが、峠周辺や林道脇でも十分亜高山の植物を見ることができる。

 

冠山峠

f:id:Jiroviolet:20190810113558j:image

冠山
f:id:Jiroviolet:20190810113603j:image

 

ミズキ(ミズキ科)

f:id:Jiroviolet:20190810132411j:image

 

ウド(ウコギ科
f:id:Jiroviolet:20190810132416j:image
f:id:Jiroviolet:20190810132400j:image

 

シシウド(セリ科)
f:id:Jiroviolet:20190810132407j:image

 

イワタバコ(イワタバコ科)
f:id:Jiroviolet:20190810132420j:image

 

冠山林道

f:id:Jiroviolet:20190810132519j:image

 

林道より冠山
f:id:Jiroviolet:20190810132531j:image

 

ノリウツギアジサイ科)
f:id:Jiroviolet:20190810132522j:image

 

ヒトツバヨモギ(キク科)
f:id:Jiroviolet:20190810132527j:image

 

ブナ(ブナ科)

f:id:Jiroviolet:20190810132748j:image
f:id:Jiroviolet:20190810132753j:image

 

クロバナヒキオコシ(シソ科)
f:id:Jiroviolet:20190810132804j:image

 

ヤマブキショウマバラ科
f:id:Jiroviolet:20190810134425j:image

 

シモツケソウ(バラ科

f:id:Jiroviolet:20190810134420j:image