INDIANSUMMER

琵琶湖の湖西,あるいはその近辺の自然および植物の紹介です。時折県外や海外の自然になることもあるかと思います。過去の記事を INDIANSUMMER TM にあげました。アドレスは   jiroviolet.hatenablog.jp です。

ショウジョウソウ

かなり特徴的な野草に出逢ったが、どこかで見たような感じはする。ただ、トウダイグサ科だろうとはすぐわかったので、調べてみたら…ショウジョウソウとあった。猩猩は伝説のサルの妖怪が酒を飲んで赤い顔をしている意味だが、猩猩寺のタヌキ囃子で有名な言葉だ。

 

f:id:Jiroviolet:20181011180753j:image

赤い部分は苞葉

花は中心の部分だが実になっている
f:id:Jiroviolet:20181011180749j:image
f:id:Jiroviolet:20181011180744j:image

 

これはショウジョウソウだが、茎が木質化したものがあり、日本語名はショウジョウボクというが、一般にはポインセチア…という。なるほど!