INDIANSUMMER

琵琶湖の湖西,あるいはその近辺の自然および植物の紹介です。時折県外や海外の自然になることもあるかと思います。過去の記事を INDIANSUMMER TM にあげました。アドレスは   jiroviolet.hatenablog.jp です。

弥生

穏やかな暖かい三月を迎えていっせいに春めいてきたが、ダンコウバイやマメザクラの開花はまだまだ先のようだ。雪の少ない暖冬であらゆるものが開花を早めるのかというと、そうでもないかもしれない。ただ、少しずつ春の色が増えていくのは嬉しいものだ。

 

ザゼンソウサトイモ科)

f:id:Jiroviolet:20190302192049j:image
f:id:Jiroviolet:20190302192037j:image

例年より早くから開花しているが、暖かいわりに長く咲いているように思える
f:id:Jiroviolet:20190302192041j:image
f:id:Jiroviolet:20190302192045j:image
f:id:Jiroviolet:20190302192032j:image

 

フキ(キク科)

f:id:Jiroviolet:20190302192808j:image
f:id:Jiroviolet:20190302192802j:image

f:id:Jiroviolet:20190302192847j:image

 

オオイヌノフグリ(オオバコ科)

在来のイヌノフグリを見たことがあるが、花弁の色が紫がかっていた。

たまに見かける少し紫がかったオオイヌノフグリの花弁は何なのか?
f:id:Jiroviolet:20190302192852j:image

 

スギナ(トクサ科)

スギナは雑草の代表で農家の方は嫌がるが、ツクシを嫌う人は稀だろう

f:id:Jiroviolet:20190302193004j:image
f:id:Jiroviolet:20190302193000j:image