湖西のエドヒガンザクラ

 

湖西にはエドヒガンザクラが数多く自生し、平野部から丘陵地、山麓、山中にまで、春になると至る所にその存在を示してくれる。中には樹齢数百年の古木も多く、やはりそういった木々からは特別な感覚を受ける。

あでやかなソメイヨシノにもその良さがあるが、残念なことに江戸時代の終わりにエドヒガンザクラとオオシマザクラから交配されて生み出されて以来その再現はできないようで、クローンとして増えるしかなく、百年近くあった寿命も現在では五六十年になってきている。

日本全国に残る桜の古木もほとんどがエドヒガンザクラ、あるいはエドヒガンザクラから派生したシダレザクラで寿命が圧倒的に長い。

 

エドヒガンザクラ(バラ科

f:id:Jiroviolet:20210402101257j:plain

 

youtu.be