INDIANSUMMER 四季の植物

琵琶湖の湖西、湖北地方を中心に、野草、樹木、風景などを、また、時折、県外のまた高山や海外の自然も取り上げていくこともあるかと思います。 写真をデジタル化して整理し出してから15年以上が経ちましたが、年代別に整理されたそれらの写真はアルバムであると同時に、行動記録であり、日記でもあります。ブログを始めてからほぼ3年になりますが、このような形であれば継続ができるもので、また出逢った植物の整理にも役立ちます。 連絡、質問、要望等あればコメント欄にてお願いします。

初夏の湖岸にて

毎年5月下旬から6月にかけて、琵琶湖岸にマツヨイグサの群集が咲き広がるところがある。一面の花畑になっていて見事だが、誰が植えたものでもなく自然植生である。年によっては、6月に入ると花ごと刈り取られてしまうこともある。

 

マツヨイグサアカバナ科

f:id:Jiroviolet:20200524182150j:image

 


マツヨイグサ

 

キキョウソウ(キキョウ科)

南北アメリカ原産の帰化

f:id:Jiroviolet:20200524182426j:image

 

ダンダンキキョウの別名がある
f:id:Jiroviolet:20200524182412j:image

 

マツバウンラン(オオバコ科)

アメリカ原産の帰化
f:id:Jiroviolet:20200524182416j:image

 

タチスズシロソウ(アブラナ科

海岸性の植物だが琵琶湖岸に分布し、かつ希少種となっている絶滅危惧種
f:id:Jiroviolet:20200524182431j:image

f:id:Jiroviolet:20200524183944j:image

 

ノビル(ヒガンバナ科

野蒜と書き、伯耆地方の蒜山の蒜

ネギ、ニンニク、ノビル、ラッキョウなど食用となる植物の古名

f:id:Jiroviolet:20200524183948j:image

 

ドクゼリ(セリ科)

まさに毒性のあるセリ

一般にセリよりずいぶんと大きい
f:id:Jiroviolet:20200524183932j:image