INDIANSUMMER

琵琶湖の湖西,あるいはその近辺の自然および植物の紹介です。時折県外や海外の自然になることもあるかと思います。過去の記事を INDIANSUMMER TM にあげました。アドレスは   jiroviolet.hatenablog.jp です。

箱館山

箱館山には林道が周回しており、カキツバタの平池、大正時代に造られた人造湖である淡海湖(処女湖)、紅葉が圧巻の天狗岩等を周回することができる。早春は残雪や倒木、落石等で通行できないことが多いが、例年5月の連休までには通行できる。登山道も荒れてきており、獣害の影響もあって、以前のように植生は豊かではないが、特に樹木を中心にこの時期の花を一通り見ることができる。

天狗岩

f:id:Jiroviolet:20180422211955j:image

f:id:Jiroviolet:20180422212055j:image

 

ヤマザクラ(バラ科)

f:id:Jiroviolet:20180422212203j:image

f:id:Jiroviolet:20180422212228j:image

f:id:Jiroviolet:20180422212327j:image

エドヒガンザクラ(バラ科)

f:id:Jiroviolet:20180422212406j:image

カスミザクラ(バラ科)

f:id:Jiroviolet:20180422214305j:image

 

ホンシャクナゲツツジ科)

f:id:Jiroviolet:20180422212633j:image

 

ユキグニミツバツツジツツジ科)

f:id:Jiroviolet:20180422212836j:image

f:id:Jiroviolet:20180422212857j:image

f:id:Jiroviolet:20180422212914j:image

f:id:Jiroviolet:20180422212940j:image

リョウブ(リョウブ科)

f:id:Jiroviolet:20180422213140j:image

マルバマンサク(マンサク科)

f:id:Jiroviolet:20180422213334j:image

イタヤカエデ(カエデ科)

f:id:Jiroviolet:20180422213445j:image

花の最盛期には鮮やかなレモンイエローに見える

f:id:Jiroviolet:20180422213525j:image

f:id:Jiroviolet:20180422213541j:image

アカシデ(カバノキ科)

f:id:Jiroviolet:20180422214121j:image

ウラジロノキ(バラ科)

f:id:Jiroviolet:20180422214146j:image

ザイフリボク(バラ科)

f:id:Jiroviolet:20180422214210j:image

ツルアジサイアジサイ科)

f:id:Jiroviolet:20180422214241j:image

ウワミズザクラ(バラ科)

f:id:Jiroviolet:20180422215030j:image

コバノトネリコ(モクセイ科)

アオダモとも

f:id:Jiroviolet:20180422215051j:image

オオシマザクラ(バラ科)

植栽

f:id:Jiroviolet:20180422215126j:image

オオカメノキ(レンプクソウ科)

f:id:Jiroviolet:20180422215150j:image

ヤマナシ(バラ科)

高木で見えにくかったがおそらくヤマナシかと

f:id:Jiroviolet:20180422215217j:image

 

淡海湖

f:id:Jiroviolet:20180422233456j:image

 

f:id:Jiroviolet:20180422233522j:image

手前から

蛇谷ケ峰(手前)、釣瓶岳(右端)、武奈ケ岳(奥)

f:id:Jiroviolet:20180422233542j:image

 

イワウチワ(イワウメ科)

f:id:Jiroviolet:20180422233247j:image

f:id:Jiroviolet:20180422233325j:image

f:id:Jiroviolet:20180422233336j:image

オオイワカガミ(イワウメ科)

f:id:Jiroviolet:20180423220156j:image

ヒメエンゴサク(ケシ科)

f:id:Jiroviolet:20180422233428j:image

ヤマエンゴサクかと思ったが、ヒメエンゴサクにあたると思う