INDIANSUMMER

琵琶湖の湖西,あるいはその近辺の自然および植物の紹介です。時折県外や海外の自然になることもあるかと思います。過去の記事を INDIANSUMMER TM にあげました。アドレスは   jiroviolet.hatenablog.jp です。

緋色と朱色

祇園祭の季節になってきたが、この時期、京都の町家では軒先や床の間に緋扇(檜扇と表してあることがあるが、檜扇はヒノキを薄く削いで作った扇子のこと)を飾る。緋色の扇…花の色と葉の形を見れば名前の由来はすぐにわかるが、海岸沿いや一部の草原に生育するらしく、野生の状態ではまだ見たことがない。一般には、いたるところにヒメヒオウギズイセン(アフリカ産のヒオウギズイセンとヒメトウショウブとの雑種)が咲いている。

 

ヒオウギ(アヤメ科)

f:id:Jiroviolet:20190717184534j:image

f:id:Jiroviolet:20190715161025j:image
f:id:Jiroviolet:20190715161022j:image
f:id:Jiroviolet:20190715161018j:image

ヒオウギの葉

扇の意味がわかる

f:id:Jiroviolet:20190715161150j:image

 

ヒメヒオウギズイセン(アヤメ科)

f:id:Jiroviolet:20190715161254j:image
f:id:Jiroviolet:20190715161258j:image
f:id:Jiroviolet:20190715161302j:image

 

これらの花を見ていて…

梅雨明け間近のこの時期には、緋色、もしくは朱色と表される花がたくさん咲くような気がする

 

フシグロセンノウ(ナデシコ科)

f:id:Jiroviolet:20190715191252j:image
f:id:Jiroviolet:20190715191231j:image

f:id:Jiroviolet:20190715191506j:image


クルマユリユリ科
f:id:Jiroviolet:20190715191246j:image

f:id:Jiroviolet:20190715191104j:image

f:id:Jiroviolet:20190715192433j:image

 

 

コオニユリユリ科
f:id:Jiroviolet:20190715191513j:image

f:id:Jiroviolet:20190717184657j:image

f:id:Jiroviolet:20190715191249j:image

ノウゼンカズラノウゼンカズラ科)

f:id:Jiroviolet:20190715191241j:image

 

ヤブカンゾウ(ススキノキ科)

f:id:Jiroviolet:20190715191834j:image
f:id:Jiroviolet:20190715191830j:image

 

ノカンゾウ(ススキノキ科)

f:id:Jiroviolet:20190715191856j:image
f:id:Jiroviolet:20190715191859j:image

 

初夏から盛夏にかけてのこの時期、森や野原の緑はいっそう濃くなり、こういった色が昆虫に目立つようになるのか?とも思うが、わからない。

それと、朱色と緋色だが、朱色は、元は鉱物の顔料からとった色で、英語ではVermilion にあたり、いわゆる「青丹よし…」の丹、つまり神社などの柱の色かと思う。それに対して、緋色は植物のアカネ(茜)および一部はムラサキ(紫)からつくる鮮やかな明るい紅色とあり、英語のScarlet にあたるという。

上にあげた花のほとんどは朱にあたるように思うが、ヒオウギノカンゾウの濃い部分が緋色なのかもしれない。