INDIANSUMMER

琵琶湖の湖西,あるいはその近辺の自然および植物の紹介です。時折県外や海外の自然になることもあるかと思います。過去の記事を INDIANSUMMER TM にあげました。アドレスは   jiroviolet.hatenablog.jp です。

半夏生

時期は少し過ぎてしまったが、例年7月の上旬(今年は7月2日にあたる)は七十二候の一つである半夏生にあたる。田植えもすっかり終わり、農業を少し休む期間のようで、この時期にはタネもまかぬ方がよいとある。半夏というのはハンゲ(カラスビシャク)のことで、薬草ともなるハンゲが生育することからの由来かと思うが、もう一つややこしいことに、ちょうどこの時期にハンゲショウ(半化粧)の花が咲く。字はまさに半夏と書くので、カラスビシャクのことに違いないが、半化粧が一気に目立ち始めるのを見ると、毎年どうなのかと思ってしまう。

 

オオハンゲ(サトイモ科)

ハンゲ(カラスビシャク)は、これを小型にしたような植物

f:id:Jiroviolet:20190711163425j:image

薬草ではあるが、要はテンナンショウ(マムシグサ)の一種

f:id:Jiroviolet:20190711163432j:image

f:id:Jiroviolet:20190711163458j:image

 

ハンゲショウドクダミ科)

f:id:Jiroviolet:20190711163715j:image
f:id:Jiroviolet:20190711163718j:image

穂状の部分が花で、マタタビと同じように葉が半分白化する

水辺に咲く植物

f:id:Jiroviolet:20190711163743j:image
f:id:Jiroviolet:20190711163740j:image