Indiansummer2

琵琶湖の湖西,あるいはその近辺の自然および植物の紹介です。時折県外や海外の自然になることもあるかと思います。

蛇紋岩の丘

東海地方には固有の植物がたくさんある。トウカイ…やミカワ…エンシュウのつく植物は結構あるだろう。一つの理由は中央構造線である。特に蛇紋岩やカンラン岩の露出しているところがあり、生育に適さない厳しい条件の中で特有の固有種が分布している。

そのうちの一つを訪ねたが、やはりこの丘には他では見られない独特の植物がたくさん生育していた。キキョウが咲いていたのには驚いたが、オミナエシやハギ、ススキ、クズはあったし、夏にナデシコもありそうな感じがする。あとフジバカマさえあれば自然植生の秋の七草がそろいそうな場所であるが、残念ながらフジバカマは見かけなかった。

 

エンシュウハグマ(キク科)

…ハグマのつく植物はいくつかあるが、最も見栄えのいい花がこれだろう

ハグマは白熊(ヤクの毛)で武田信玄などが被っている兜などもハグマかと思う

f:id:Jiroviolet:20171010175421j:image

f:id:Jiroviolet:20171010175132j:image

f:id:Jiroviolet:20171010175230j:image

 

サワシロギク(キク科)

f:id:Jiroviolet:20171010180718j:imagef:id:Jiroviolet:20171010180736j:image

 

ホソバアレノノギク(キク科)

蛇紋岩地特有のキク

探したがおそらくこれだろう

f:id:Jiroviolet:20171010180842j:imagef:id:Jiroviolet:20171010180852j:image

 

シラヤマギク(キク科)

f:id:Jiroviolet:20171010211636j:image

 

ワレモコウ(バラ科)

f:id:Jiroviolet:20171010181017j:image

 

ツルボ(キジカクシ科)

一般のものより色が鮮やかな気がする

f:id:Jiroviolet:20171010181207j:image

 

シモツケ(バラ科)

f:id:Jiroviolet:20171010181437j:image

 

シュロソウ(ユリ科)(シュロソウ科) 

f:id:Jiroviolet:20171010181633j:image

 

ネズミサシ(ヒノキ科)

f:id:Jiroviolet:20171010182003j:image

 

蛇紋岩の露頭

f:id:Jiroviolet:20171010182329j:image

 

ヤマモモ(ヤマモモ科)

f:id:Jiroviolet:20171010182225j:image

 

キキョウ(キキョウ科)

f:id:Jiroviolet:20171010184044j:image

 

サルトリイバラ(サルトリイバラ科)) 

f:id:Jiroviolet:20171010205656j:image

 

クマヤナギ(クロウメモドキ科)

f:id:Jiroviolet:20171010205850j:image

 

ユウスゲユリ科) 

一輪だけ咲き残っていた

f:id:Jiroviolet:20171010205958j:image

 

ツクシハギ(マメ科

f:id:Jiroviolet:20171010210043j:imagef:id:Jiroviolet:20171010210051j:image

 

ヤマラッキョウ(ヒガンバナ科

f:id:Jiroviolet:20171010210320j:image

 

オミナエシオミナエシ科)

f:id:Jiroviolet:20171010210514j:image

 

ヤマハッカ(シソ科)

f:id:Jiroviolet:20171010210621j:image

 

オケラ(キク科)

f:id:Jiroviolet:20171010210737j:image

f:id:Jiroviolet:20171010210815j:image

f:id:Jiroviolet:20171010212401j:image

 

ミカワマツムシソウマツムシソウ科)

一般のマツムシソウよりずいぶんと小さい

f:id:Jiroviolet:20171010210843j:imagef:id:Jiroviolet:20171010210853j:imagef:id:Jiroviolet:20171010210902j:image

 

イヌヨモギ(キク科)

f:id:Jiroviolet:20171010211019j:image

 

コウヤミズキ(マンサク科)

f:id:Jiroviolet:20171010211101j:imagef:id:Jiroviolet:20171010211112j:image

 

ミヤマウズラ(ラン科)

ウズラ模様が葉に残っている

f:id:Jiroviolet:20171010211329j:imagef:id:Jiroviolet:20171010211339j:imagef:id:Jiroviolet:20171010211345j:image

 

ユズリハユズリハ科)

f:id:Jiroviolet:20171010211445j:image

 

センブリ(リンドウ科) 

f:id:Jiroviolet:20171010213130j:image

 

ムラサキセンブリ(リンドウ科)

おそらくこれがムラサキセンブリだろう

残念ながらこの花のみ開花した個体に出逢えなかった

f:id:Jiroviolet:20171010213312j:imagef:id:Jiroviolet:20171010213324j:image

 

植物園か…と思うくらい貴重な植物に次々と出逢えるところである。

f:id:Jiroviolet:20171010211551j:image